2009年7月の記事一覧

ブログを始めた原点 2

  • 更新日:

 今月は原点に戻ってと云う意味で、度々ブログを振り返っては、こんなブログの
文章で良いのかと、自問自答しながら反省しています。

 
 特に介護者として、様々な障害を持つ複数の友達を、お連れして出掛けた旅先で
は、思いも寄らない障害物に突き当りして、一緒に観光出来ない事が度々有りまし
た、その時の出来ごとが脳裏に残っているので、ブログにてその障害になった事を
お知らせしていきたいと始めました。

 何時でも、一緒にお連れしたからには、皆様と共に行動出来る旅が、介護者とし
ての責任ではないでしょうか。

 常に障害者の旅を計画する時には最善の注意をはらいながら、同行する方達の行
動力を把握して、旅の計画を進めて行く事が、全員で楽しむ観光が出来るのでは無
いでしょうか、後味の悪い結果にならないようしたいものです。

 旅をする楽しみは、「計画をする楽しみ」に加え、「旅先での楽しみ」・帰って
からの、写真を見ながら旅の想いで話が、心に残る旅になり、又次の旅に行きたい
と胸を膨らませる事が出来るのでは無いでしょうか。

 障害者の旅とは、一般の人とはかなり違い、常に危険と隣り合わせの旅になり兼
ねない事を、自覚しなければならないのです。

 介護をするとは、障害を持った方の心と体で感じる旅が出来た時に、「旅の目的」
が達成出来たのだと想います。

 旅の目的とは、日常生活を離れて、「心が癒され」又頑張ろうと云う勇気と希望
が芽生えて、又「旅に行くぞ」と、リハビリに励み、次の旅に備え胸を膨らませて、
明日の希望につながって行くのではないでしょうか。
 

乗鞍高原温泉の旅

  • 更新日:

 「乗鞍高原に行った時の想い出」
 私達が結婚30周年として出掛けた乗鞍高原温泉、嬉しかった事はホテルの方々
の心遣いでした。

 

  私達の予約した部屋は2階でしたが、足の悪い妻を見たからでしょうか、グループの
人達がキャンセルした1階の広い部屋に変えてくれたり、夕食の時にお祝としてワイン
を出してくれたりした事が強く印象に残っています。

 早朝私一人で散歩に出掛け、車椅子を使い善五郎の滝まで行けるか、下見がてら
に行って見た、舗装道路から細い遊歩道に入る入り口付近に、車椅子では入る事が
出来ない程の段差に急坂があった その他は滝の前までは、ゆるやかな道が続き大丈夫のようでしたが、妻を連れて
行く事は断念して、私一人で見学に行く 帰ってからホテルの周りを散策程度に留
めた。

   

「無理をすると取り返しがつかない危険が待っている」

 北アルプス最南端の独立峰、乗鞍岳。この美しいシルエットが人気の明峰の裾野、
標高1,500mに広がる乗鞍高原に150以上の宿泊施設、観光施設が集い一大温泉リゾ
ートを形成している。北アルプスがもたらすのは、乳白色の名湯。乗鞍岳中腹、湯
川上流の河原にある源泉は、昭和9年頃にはすでに湯の花採取が盛んに行われていた
との記録が残る。乗鞍高原への引き湯に成功したのが、昭和51年。距離約7km、高低
差544mを乗り越え、毎分1,500リットルの豊富な湯が届くようになった。

 ご予約は電話受付も可能です
ゆこゆこ予約センター 0120-919-264  通話料無料 9:00〜21:00受付


飛行機・バス・フェリー・の旅をするには

  • 更新日:

「前回と同様に、電車以外の公共機関を使っての旅を考えると」


 現在では様々な場所で進められているバリアフリー化ですが、最も進んだ航空機
による移動は、空港には広い敷地が在り、空港内では、車椅子でも安心して利用が
出来る環境が施されています、が広すぎて、飛行機に搭乗するまで苦労をします、
尚、案内をする人の心遣いも感じられる。

 又、空港に行く迄の移動手段の電車にも、バリアフリー化が確保されているので、
遠距離の旅には、是非利用したいと考えています。

 では、バスは如何でしょうか、主な移動場所は道路で、停留場も限られたスペース
しか在りません、、それだけにバリアフリー化や障害者対策がしにくい状況に有り
ます。

 まして、バスに乗る時のステップは、段差が大きく足腰の弱い方には、乗り降り
が大変です、(現在では、床を低く入り口の方を傾けて下げ、なお乗りやすくした
バスも走っている)停留場の数も多く在り、航空機とは正反対な乗り物では無いで
しょうか。

 又、ツアーを利用して観光バスの旅には、一般の方と一緒に行動出来ないと、か
なり移動に気を使う事になってしまいます。

 その為、障害者センターには、旅をするサークルが在り、企画から実行迄全てを
自分達だけで、旅を楽しんでおります。

 他には、大きなフェリーに乗船する時は、車で乗船後の上層階へ上がる階段等を
考えると、気が重くなり、船旅を選択するのは、下肢障害者には大変な勇気が必要
です。「私達の我が儘なのでしょう」

※皆様は、どの交通手段を選択して楽しみますか?・・・・・

電車を使う旅・(公共機関)

  • 更新日:

 今日の問題は、すでに国・都道府県あるいは市町村単位で進められているテーマで
すが、現実では予算や議会での議論がまちまちなのでは無いかと思えます。


 ある市では、インターネットでバリアフリーの街づくりを宣言しています。

 私達は、今の現状では公共機関での移動は、一部を除き無理と考え、マイカーを
使い旅をする事にしています。

 今までのブログは、車で出掛ける旅をした状況を載せて来ましたが、今日は公共機関
間を使い旅をするには、どのような障害が立ち塞がるかを、想像を交えて、発信し
て見る事に致します。

?機Δ任蓮?電車を使い旅をするには、どのような障害物が行く手を困難にするか?

? \茲困榔惻佞砲蓮∧眛散兇簔浪柴擦?多く、下肢障害者や半身麻痺をしている
  方等には、駅に行く迄に、電車に乗って行く事を考えてしまう。

?◆ 屮僖愁灰鵑把瓦戮襪函廝複劼篁篥瓦亮腓扮悗任蓮▲丱螢▲侫蝓鴫修?進んでい
  る駅が多くなっています。

  イ、段差を無くしてエレベーターを設置して在る駅(ホーム迄)

  ロ、エスカレータが(上り下り)設置して在る駅

  ハ、一番多いのが上り専用のエスカレーターの設置して在る駅

  ニ、階段しか無い駅

 上記の様な駅施設も、改札付近までが多く、プラットホーム迄は設置条件が場所
 的に整わない事があり、難しい駅もありますでしょう。
 此の様な施設について一般の方の考えと障害者から見た考え方について考えてみ
 るのも良いでしょう。
  
  ●・イ、エレベーターが在る駅も沢山在りますが、まだ代表的な駅にしか無く
    プラットホーム迄行くことが可能な駅は、どの位あるでしょうか。
    なかなか設置したくても、「駅の構内」では、設置場所が困難な駅も多く
    、各プラットホーム迄は、難しいのが現状では無いでしょうか。

  ●・ロ、エスカレーターに付いては如何でしょうか。
      改札に行く前に多く、「駅員」がそばにいない事が多く、もし駅員に
      前もって連絡をしておいても、沢山のお客様を待たせてエスカレータ
      ーを一旦止めて車椅子を載せるのは、「如何でしょうか」考えて見て
      下さい。

  ●・ハ、は如何でしょうか、乗客がスムーズに構内に(ホーム)導くには、大
      いに役立ちます、足の不自由な障害者には、上るのは手すりを使い何
      とか上れたにせよ、下る時が一番体に負担が掛かり、「危険です」

  ●・ニ、が一番多く足に不安のある方には、旅に行くのを躊躇う原因になって
      います。
     (行きの駅は、日常使用している方は、自分で体験しているので状態は
      知っているので安心ですが、着いた駅では状態が解らず不安になって
      ます、出掛けるのにとても勇気が必要になります。)

 ※「まだまだ沢山の障害物が考えられますがこの辺で」

   両足に変形性股関節の妻が、電車を使い旅行が難しいので、「妻が両腕だけ
   で免許証を取得出来る教習所で習い」現在は、車の旅を続けております。

※バリアフリーとは・「ノーマライゼーション」の考え方を基本理念として、障害
  をもった人が可能な限り地域の中で暮らしができるようする。・・・・・・・

     段差など障害者の障壁の除去という、ハード面での整備だけでなく、社会的、
  制度的、精神的バリアの除去を目的としたバリアフリーの町造りが求められて
  います。
  次回は、他の公共機関を利用した時はどのような障害物が待っているか検証し
  ましょう。
 

上高地散策

  • 更新日:

 マイカー規制のある上高地に行くには、バスツアーを利用しなければ行く事が出来
ない為、私達夫婦だけでツアーを利用して出掛けたのが上高地でした。

 教訓として、一般のツアーで行くのには、「足の悪い妻」には他の人と同じペー
スに付いて歩くのには困難でしたので、途中で見学時間が無くなりバスに引き返し
ました。[障害者の旅には多くの問題がまだまだ存在します」その事を乗り越えた時
に介護する家族や介護者も明るい笑顔が有るのではないでしょうか。

尚、「沢渡第一駐車場のすぐ手前の梓駐車場に、タクシーが駐車場内に待機してく
れていて、荷物の積み替えなどでは停めた車の近くまでタクシーが横づけしてくれ
るので安心です。」

 車椅子でも、河童橋バスターミナル付近や、河童橋までなら、平坦なので車椅子で
進む事も可能です、ゴロゴロした砂利道では、後ろ向きにして進む事は出来ます。

(時間の余裕を取る事が望ましいと想います)
尚、「多くの方が車椅子で上高地を訪ねています」
又、上高地内の梓川岸辺に建つホテルには、バリアフリーになっているホテル等が
あります、インターネットで確認して予約して行かれると良いでしょう。
 ホテルのラウンジはスロープがついているので車椅子でも楽に利用できますが、
体調には十分気を付けて、決して無理をしない事が大切です、介護者と良く相談し
てお出かけ下さい。

            
※上高地バスターミナルにあるトイレなど車椅子でも利用できるトイレがあるの で
 便利です。

会津若松市・会津村

  • 更新日:

 会津若松市に宿を取り、鶴ケ城を見学してから、白虎隊のお墓にお参りして、次の
日に、会津村を訪ねた、車椅子での入り口は右手の管理者の入り口から入るよう云
われていたので遠回りになるが入園した。

 園内に入ると、舗装した下り坂の途中に釈迦横巨人像や三重塔が威厳を放ってい
る。 
 又園内入り口には階段が在り、門を入った左手奥に曲がり屋とお土産売り場と
慈母観音様が赤ん坊を抱いた御姿で立っておりました。

 慈母観音様の胸に抱かれている男児。胎内には1万体の十二支御守本尊をお祀りし
ております。
 曲屋とは、人と馬が同じ屋根の下で共に暮らしていた、いわば人馬の歴史を証言す
るもので、この建物は奥会津から移築復元されました。
 釈迦如来を祀る三重ノ塔。南会津の杉を材料に造られています。
 会津村の庭園に溶け込んで建つ三重ノ塔は、より一層の風情を感じさせます。

    

 巨大釈迦横臥像は昭和60年に開かれた筑波万博に展示されていたもので、同年9月
にスリランカ国より永眠の地として会津村が選ばれ、安置されました。

 この像は、御釈迦様がこの世を去ろうとしている時の御姿ですが、御入滅の時、
御釈迦様の身体には花の雨が降り注いだというお話があります。会津村庭園もその
模様を再現するかのように、庭園いっぱいに満開の花が敷きつめられています。

※身体障害者用駐車場・ 車椅子用トイレも在ります。

大人 500円 450円 400円: 中・高学年 400円 350円 300円
小学生 300円 250円 200円
(消費税込)

◇遊覧車一周:料金 500円 :途中乗車300円  乗り降り自由。
◇開村時間
○4月〜11月 午前8:00〜午後5:00
○12月〜3月 午前9:00〜午後4:00

やすらぎの郷 会津村/福島県会津若松市河東町浅山字堂ヶ入7
TEL:0242-75-3434 FAX:0242-75-3057 in

鬼押し出し・妙義山ドライブ

  • 更新日:

 私達は軽井沢を通り、鬼押し出し園にドライブしながら昼食をして、すぐ帰るのに
時間が早かった為、妙義山に向かった、観光シーズンでは無い為、誰ひとり居ない
妙義山駐車場に行き、奇岩の山を仰ぎ見てから高速に乗り帰路に就いた。


 妙義山は、赤城山、榛名山とともに上毛三山に数えられ、群馬を代表する山の一
つです。また、日本三大奇勝の1つとして荒々しい岩肌が創り出す自然景観の美し
さが特徴です。

 妙義山は、いくつもの峰々の総称で、金洞山、白雲山、金鶏山を通称「表妙義」
と言い、谷急山、丁須の頭、御岳等を通称「裏妙義」と呼んでいます。
 妙義山の標高は、白雲山相馬岳の1,104mが最高峰で、金洞山東岳が1,094mです。
標高は、高くないですが関東平野を見下ろす景色はとても爽快のようです。

         
 妙義山には、気軽に登れる「石門めぐり」、十分に自然を満喫できる「関東ふれ
あいの道」そして体力と経験と度胸が必要な「山頂縦走」と登山コースがあります。

 妙義山にある「さくらの里」は、45種類、5,000本のさくらが楽しめる観光名所
です。4月中旬から5月上旬にかけてが見頃で、登山と花見を両方楽しむ人もいま
す。

 それぞれ、自分にあったコースで妙義山の自然と景観をお楽しみ下さい。 
 明治45年、イギリス人の登山家ウオルター・ウエストンは、妙義山を舞台にロー
プを使いながら2人で岩山を登る技術を日本人に初めて教えたことから、近代登山
発祥の地として知られています。
※車イス用トイレに駐車場在ります
 
住所
 群馬県富岡市妙義町妙義:アクセス JR信越本線松井田駅からタクシーで10分
電話番号:0274-62-1511(富岡市商工観光課)
 
鬼押出し園は、天明3年(1783年)の浅間山噴火によって生まれた、溶岩の芸術です。
 火口で鬼があばれ岩を押し出した、という当時の人々の噴火の印象が、この名前
の由来となっています。
 噴火の激しさを今に伝える岩海と、豊かな大自然が織りなす、浅間高原随一の景
観を、ぜひご覧ください。

  おとな(中学生以上) こども(小学生)
個人 ¥600 ¥400
団体(15〜79名さま) ¥520 ¥300: 団体(80名さま以上) ¥470 ¥250
 お身体の不自由な方 ¥300 ¥200 :※障害者手帳を窓口にご提示ください。
 ご本人と付添い(1名さま)は割引料金でご利用いただけます。
※車椅子用トイレに駐車場も在ります

 


金沢兼六園・尾山神社観光

  • 更新日:

前田家の居城金沢城の跡。金沢大学のキャンパスだったが、移転後公園として整
備されている。重要文化財の石川門と三十間長屋、2001(平成13)年に復元された
菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓などがある。

 
「加賀藩祖の前田利家公と正室お松の方をまつる。色鮮やかなギヤマンが印象的な
重要文化財の三層門「神門」は、和洋折衷の不思議な 美しさ。桃山文化を今に伝
える東神門なども点在している。」
〒920-0918  石川県金沢市尾山町11-1
北鉄バス南町下車。徒歩3分。
 
 兼六園に来園される方で身障者用駐車場をご希望の方は、小立野料金所の石川県立
伝統産業工芸館に駐車出来ることとなりましたのでご利用下さい。

1身障者駐車場の場所:石川県立伝統産業工芸館前の駐車場
2利用時間:午前9時〜午後5時まで
3駐車方法等 ○駐車される方は、伝統産業工芸館の事務所に申し出てください。
            ○兼六園へは、伝統産業工芸館から直接ご入園出来ます。
            ○兼六園小立野料金所では、無料で車椅子の貸し出しを行っています。
            ○園内には多くの坂道や段差があります。車椅子の走行には十分にご
               注意下さい。
4金沢城公園の駐車について
 ・平日:甚右衛門坂入り口の警備員に申し出てください。
 ・土日祝日:あらかじめ管理事務所(234-3800)に連絡願います。

障害者対策の古今のあゆみ

  • 更新日:

 梅雨から夏の暑い時期には、私達の車椅子の旅は少なくなっていますので、この
様な文章が多くなっています、ご容赦下さい。
        
 「私達が障害者の旅を始めてから、20年にもなります」
 一般の方々には、下記の事が障害になり旅に出掛けられない障害者が多くいる
事を考えて見て下さい。
 現在では、各報道機関の報道の成果と想いますが、大分バリアフリーの対策が進
んで居るのが確認されています、「ありがたいです」。       

 私はインターネットで情報を確かめながら、私達が出掛けて行った観光地や花の
名所に、障害者の施設の有無をブログに載せながら、障害者やご高齢者に安心して
出掛けられるよう、「トイレ情報や、どのような障害物が存在するか」を載せなが
ら、安心して出掛けてほしいと想いながら発信しております。


 このブログでは、重度障害者には、まだ不十分な事が多く申し訳なく考えており
ます、先日のテレビ報道番組で放映されました、重度障害者の旅を支援する支援者
のグループが紹介されました、今後の発展を期待しております。

 旅を始めた頃は、障害者が旅をするには勇気が必要でした、20年前には私達は
行く先の途中にトイレ休憩の為に、「地図を広げて」大きな病院や市町村役場等が
在る事を確認して、出掛けました(そこには駐車場や車椅子のトイレが在る)ドラ
イブに行くとしても、妻が入れるトイレが無ければ、在る場に変更せざるを得ず、
行く場所を選ぶのが大変でした。


 また、トイレ以外にも、観光地には付き物の「階段」・「段差」・「遊歩道の砂
利道」・「急坂」・「遊歩道の自転車進入禁止柵」・お土産屋さんの敷居」等さま


ざまな障害物が行く手に立ちはだかります。
 その障害物をどのように克服するかが、障害を持つ方の「課題」でした。

 現在では、多くの都道府県の観光地でも「障害者」や「高齢者」の為に、バリア
フリー化が進んでおり、[全てのとは云えないが]、大多数の観光地で車椅子用の
トイレが設置して在ります「有り難い限りです」。

 
 是非、ご高齢者や障害を持つ皆様、旅に出掛けましょう・・・、楽しみましょう。
上記が私のブログの支えになっています。
 

日本一のわさびの里と道祖神

  • 更新日:

穂高に在りますわさび農場は、15万平方メートルの広さを誇る、日本一のワサビ農
場です、ワサビ畑には北アルプスの湧水で栽培されています。

 3月中旬〜4月がワサビの白い花の見頃、また日射しの強い時期は日よけしています。
 大王わさび農場は、清流でしか育たないワサビの農園として、安曇野の人気スポッ
トです。夏は、美しい水辺のせせらぎを求めて、大勢の人や観光バスが来てにぎわ
いますが、わさびが白い花をつけるこの時期は、それほど混雑せず、アルプスの雪
景をバックに3重連の水車も安曇野の風景として清々しく見えます。 

 わさびも、黒い網(かんれいしゃ)を張り、日差しを調節している様子が涼しさ
を引き立てています。

 周囲には遊歩道が整備されてのんびり散策ができます。生ワサビやワサビ漬けの売
店や食事処もあります。     

尚、周辺には、道祖神も数多く奉られておりますので、散歩がてらに訪ねて見   ても、良いかと思います。
  
※車イス用トイレも2ケ所に在ります・車椅子用駐車場も用意あますので、安心し
 てお出かけ下さい。
アクセス: [車]長野自動車道豊科ICから国道147号安曇野方面へ
     [電車]JR大糸線穂高駅からバス、タクシーで安曇野方面へ ・安曇野
お問い合せ: 長野県南安曇野郡穂高町・大王ワサビ園はJR穂高駅から車で5分、
入場無料:8時半〜17時(11月〜2月は9時〜16時半)無休、
P400台、TEL0263-82-2118


このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSCN0286.JPG
  • DSCN0282 (2).JPG
  • DSCN0276.JPG
  • DSCN0262.JPG
  • DSCN0248.JPG
  • DSCN0243.JPG
  • 1491198140062.jpg
  • 白梅 - コピー.jpg