巾着田の曼珠沙華とコスモス

  • 更新日:

 日和田山から眺めると、高麗川が蛇行して巾着のように見えるので、古くからの俗
称として、巾着田と名が付けられました。

巾着田は市民の憩いの場として整備が行われ、萬珠沙華を観賞しようと年々増加す
る行楽客の方々に対応するための整備も行われています。 

 平成元年頃に草薮であった河川敷地の草刈りをし始めると、そこに生息していた
曼珠沙華の姿が見られるようになりました。
 群生の規模が予想外に大きく、その美しさを報道機関等が紹介するようになると、
多くの方々の関心を引くようになりました。

 現在は、巾着田管理協議会により、曼珠沙華の塊根を掘り起こし、これをほぐして
10球から15球を1株として移植することにより群生地の拡大をはかっています。

 これは、曼珠沙華の発芽率が10〜15球当り1〜2本と低いため、球根を束ねて
埋め戻しているもので、100万本以上の曼珠沙華が咲く巾着田の群生地には、そ
の10倍以上の1000万超の球根が息を潜めていると思われます。

又、中央広場にコスモスの花が、沢山の花を咲かせている。

常設のトイレは3箇所、管理事務所、第1駐車場、中央のログハウスにあります
 車でのお出かけは非常に混み合いますので、是非平日にお出かけ下さい。
 車椅子でのお出かけは、舗装がしていない個所が在りますので、介護をなさる方
 は御注意下さい。

※(管理事務所、第1駐車場)に身障者用のトイレがあります。
※巾着田ガイドマップの点字版を「日高点字の会」のご協力により作成しました。
 必要な方は、管理事務所までお申し出ください。

所在地:埼玉県日高市大字高麗本郷125-2 
TEL:042-982-0268 FAX:042-982-0586 E-mail:info@kinchakuda.com 
営業時間:8時30分〜17時15分(駐車場24時間利用可能) 
管理事務所休業日:4月〜10月(無休)/11月〜3月毎週火曜日定休

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSCN0286.JPG
  • DSCN0282 (2).JPG
  • DSCN0276.JPG
  • DSCN0262.JPG
  • DSCN0248.JPG
  • DSCN0243.JPG
  • 1491198140062.jpg
  • 白梅 - コピー.jpg