童謡の里・北茨城市磯原

  • 更新日:

 童謡の里として知られる野口雨情の資料館を訪れたのは、たまたま日の出の写真を
撮影しに行った帰り、国道6号線を通っていた時に見つけ、立ち寄った場所でした。
 野口雨情資料館は人影も少なく寂しい感じでしたが、童謡、唱歌が好きでしたので、
入館してみました。
 館内には、童謡「七つの子」「赤い靴」「雨ふりお月さん」「青い眼の人形」など
の歌詞や野口雨情の足跡などを紹介する昔の写真が展示してありました。

 野口雨情は、福島県に近い海岸線が美しい北茨城市磯原の出身と聞きます。
 今なお多くの人々の心に愛着を抱かせる童謡が静かに流れていて心温まる。

 2階はこの地方の民俗資料を展示した、北茨城市歴史民俗資料館になっている。
南へ3分ほど歩くと雨情の生家があり、直筆の掛け軸など貴重な品々が展示される。

名称 北茨城市歴史民俗資料館・野口雨情記念館
所在地 茨城県北茨城市磯原町磯原130-1
アクセス JR磯原駅→車5分Yahoo!路線情報で行き方を調べる
車アクセス 常磐道北茨城IC国道6号3.6km10分
料金 入館300円
営業時間 9〜16時 :休業日 月曜(祝日の場合は翌日)
問い合わせ先 TEL:0293-43-4160

※駐車場と洋式トイレも在ります

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSCN0286.JPG
  • DSCN0282 (2).JPG
  • DSCN0276.JPG
  • DSCN0262.JPG
  • DSCN0248.JPG
  • DSCN0243.JPG
  • 1491198140062.jpg
  • 白梅 - コピー.jpg