県立関宿城・博物館

  • 更新日:

 「関宿城は」利根川と江戸川の分岐点に立ち、お城の立地条件としては最適な場所
に建っています。


「関宿城のまわりが子供たちを遊ばせることができる広場になっています」

 この城は、 北条氏康をして「関宿城を獲ることは一国を獲るに等しい」とまで言
わしめた関宿城は、室町時代(15世紀)に古河公方足利氏の配下梁田成助によって
築城されました。

 本丸・二の丸・三の丸の部分だけでも約6,000坪もあった広大な城でした。  実際の本丸は現在の場所よりも南側のスーパー堤防の下にありましたが、現在では河川改修のため城地のほとんどが埋没しており、わずか本丸の曲輪と城址の碑を見ることができるのみです。近くに移築された城門もあるようですが 利根川が江戸川と分岐するところ、高い堤防の上に建って城下を睥睨する現在の
関宿城が博物館として再建されたのは、平成7年のことでした。

長きに渡る洪水との戦いの歴史と河川改修の歴史や水運の歴史を通して、人々と
川の関わりをビジュアルに展示しています。

 4階天守部分は展望台になっており。実際の関宿城を忠実に再現しているそうです。
 野田市の最北端に利根川と江戸川の分岐点があります。その分岐点近くに復元され
た関宿城は、3層4階の天守閣が博物館となっています。

「河川とそれにかかわる産業」をテーマに河川改修や水運、流域の生活や産業など
河川の歴史が模型や映像で紹介されています。
【開館時間】 午前9時から午後4時30分(最終入館は閉館の30分前まで)
【休館日】 毎週月曜日(月曜日が祝日や振替休日の場合は翌日休館)
【入場料】 一般 200円  高・大学生 100円  中学生以下・65歳以上は無料
【所在地】 関宿三軒家1434
【問い合わせ】 県立関宿城博物館 電話 04-7196-1400 


※博物館内は、全てバリアフリーになっていて、車椅子でも自由に動き回れますが、
 スロープが在り、車椅子を押して行く介護人が必要と感じました。
 館内入り口に車椅子も用意されています、使用したい方は、受付に申し出て下さい
※車椅子用駐車場もトイレも在り安心です(最上階迄エレベーターも完備)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSCN0286.JPG
  • DSCN0282 (2).JPG
  • DSCN0276.JPG
  • DSCN0262.JPG
  • DSCN0248.JPG
  • DSCN0243.JPG
  • 1491198140062.jpg
  • 白梅 - コピー.jpg