紅葉の皇居を散策

  • 更新日:

東京のど真中、「紅葉の皇居」を御紹介致します
 まずは大手門から入り(無料)直ぐ前の三の丸尚蔵館に寄った(天皇陛下のお衣装
等の所蔵品が展示してある)

二の丸庭園へ向かう途中の白鳥濠をカメラで撮した、二の丸庭園は紅葉真っ盛り、
東京の中にあって、自然がそのまま残っている貴重な場所でも在ります。
 

皇居東御苑は、江戸城内の一部で現在も残る「同心番所」・「百人番所」・「三の
丸庭園」・「天守閣跡」などがあります。

 将軍が各使節団に謁見する表舞台の「大広間」や大名などと会う「白書院」には
忠臣蔵で有名の「松の廊下」を通って行く白書院・黒書院、将軍が生活する中奥・
大奥・天守閣等は焼失してしまっている。その場所は現在芝生広場となっていて昔の面影は今は無い。

 芝生の広場奥に石垣だけの天守閣跡、石垣の上から見る東京の姿も一興ではないで
しょうか、その裏に北桔橋門が在り、その門から皇居を後にした。
※皇室関係の行事に支障が無い限り、一般に公開されています。

※皇居内のトイレには車椅子用トイレが全ての場所に在ります、安心ですが一部急坂
 が在りますので注意が必要です。

※皇居周辺には、一般車が止められる駐車場は少なく、北の丸公園内に在る、科学技
 術館の駐車場が一番近く便利です「車椅子用スペースが3台分」用意されています
 「ご利用下さい」地図 「皇居は見学無料です」

 「皇居の見学後時間と体力が残っていれば、科学技術館も見学して帰って下さい」
  科学技術館利用のご案内

開館 午前9時30分:閉館 午後4時50分:入館は、午後4時までにお願いします。
       入館料金: 大人 600円中・高校生400円 子供250円(4歳以上)
     団 体; 500円 300円 200円
   障害者割引: 300円 200円 150円

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSCN0286.JPG
  • DSCN0282 (2).JPG
  • DSCN0276.JPG
  • DSCN0262.JPG
  • DSCN0248.JPG
  • DSCN0243.JPG
  • 1491198140062.jpg
  • 白梅 - コピー.jpg