紅葉の銀杏並木と靖国神社

  • 更新日:

  参道のイチョウ並木がとても美しいこの季節、参拝客も多く見うけました。

 靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東
京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至って
います。
 靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折に
お詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御
製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を
慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。
「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和
な国家を建設する」という願いが込められています。

 靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、
西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの
国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧
げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に
殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。
◆遊就館は明治10年の西南戦争が終わるころ設立の構想が出され、同12年に陸軍卿・
山県有朋を中心に、「御祭神の遺徳を尊び、また古来の武具などを展示する施設」
として構想されました。

◆昭和55年になると、いよいよ遊就館再開の準備が本格的に始められ、昭和60年12月
 遊就館改修工事竣工、昭和61年7月、展示内容等を充実し、およそ40年ぶりに遊就
 館は再開されました。その後、靖国神社御創立130年を記念して、平成14年7月13日
本館を全面改装、展示手法・展示内容も一新し、更に映像ホールを備えた新館を増
設。ガラス張りのホールの中に零戦を初め、野外展示物を収納し現在に至っており、
世代を越え、多くの方々にご拝観いただいております。

開館時間 4月〜9月 午前9時〜午後5時30分:10月〜3月 午前9時〜午後5時 
拝観所要時間 平均1時間から1時間30分程度必要です。 
拝観料 大人800円.大 学 生500円.中学・高校生300円.小 学 生100円.
・障害者手帳保持者はご本人様のみ拝観無料です。受付に手帳をご提示ください。
・身障者用スロープ・エレベーター有り。
・介助犬については、当館は介助犬と共に入場できます。

※駐車場は混み合いますのでご注意下さい
  車椅子貸し出し(3台準備)玄関ホール受付にお申し出ください。
  ・身障者用トイレは館内各トイレに設置してあります。
※社務所;〒102-8246 東京都千代田区九段北3-1-1
 TEL:03-3261-8326(代表):FAX:03-3261-0081(代表)

 

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSCN0286.JPG
  • DSCN0282 (2).JPG
  • DSCN0276.JPG
  • DSCN0262.JPG
  • DSCN0248.JPG
  • DSCN0243.JPG
  • 1491198140062.jpg
  • 白梅 - コピー.jpg