2012年10月の記事一覧

久々に、「秋の国営ひたち海浜公園を訪ねて」

  • 更新日:

 久々に、「秋の国営ひたち海浜公園を訪ねて」

 開園と同時に入園して感じた事、西ゲートの車椅子用駐車場は少し高台の入園ゲートと同じ高さで、入り口の近い所にありました。

NO 0.JPG

※入園料は(障害者本人と介添え者も1人無料)=(障害者の駐車場も無料)です。

NO1.JPG

 ゲートを入ったところからスロープで下りてから標識に従い10分位歩くと、みはらしの丘の麓に着く。(今日の目的)

no2.JPG

 コスモスが中腹迄咲き誇り、その上には色づき始めたコキア(ほうき草)が丘の上まで植えて有りました。

NO3.JPG

 山頂付近にはみはらしの鐘が在り何回でも鳴らせる様になっている。

NO4.JPG

そこからは海が見えた、青空に海の青さが重なり清々しさを感じた、更に少し上からはススキ越しの海に漁船が浮かんでいた。

NO7.JPG

 丘を降りてから小休憩をしていると、広い園内をシーサイドトレイン(バス)が走ってた。

NO10.JPG

 私たちは乗らずにのんびりと歩いて行くと草原エリアに入り、コスモスが咲く向うに観覧車が見えた、一面に黄花コスモスや色取り取りのコスモスが咲く道を見ながらレストラン

NO11 (2).JPG

脇のパターゴルフ場に行き、受付で係員に車椅子に乗ってもプレイは出来ますかと尋ねたら、少し凸凹や坂が有りますが、それで宜しければ良いですよと云われ、3人で9ホールを楽しむ事にした。

NO12 (2).JPG

 驚きは、長いコースにハザードとして岩が在る1番ホールで、いきなり姉さんが入っちゃったとホーリンワンを出したので喜んでいた、結局終わったら3人共スコアーに余り差は無かったので結果は良かった。

 パターゴルフが終わったら、12時を回っていたので昼食をしようとレストラン前に行くと、混雑しており何となく私達には向かないと考え、園外に出て食事をしようと駐車場に向かう途中で雨が落ちて来た、急ぎ園外に出た時にはもう雨は上がっていた、車で食事

NO13.JPG

の出来る場所を探しながら、大洗磯前神社でお参りしてから受付の人に、この近くに食事の出来る場所は無いですかと聞くと、いっぱい在りすぎて、どんな食事が良いのですか
との問いに、海が目の前なので磯料理がとの問いに、直ぐ側のオーシャンビュー大洗(ホテル)を紹介された。

その場所に行っみて、ホテルのフロントで聞くと、もうレストランは終わりで調理場の火を落としてしまったとの事、帰ろうとしたらフロントの人がレストランに電話して、食事お客様3人ですが、料理を作ってくれますかと聞いてくれた、OKが出たのでレストランで、誰も居ないレストランで無事遅い昼食が出来た。

 その後高速で帰路に着いた、高速は順調に走れたのだが、お姉さんを下してから、一般道路が渋滞で動けずやっと家に着いたのが8時前でした。  

「事故も無く、運転ご苦労さまでした」

 

 

障害者が日常頭のトレーニングとしてのカラオケサークルを紹介します

  • 更新日:

CA3H0256.JPG 今回は、日常生活第二弾としましてカラオケサークルの模様をご紹介致します。
 毎週一回行われる障害者センターで、日常生活を離れてカラオケを歌う事で、物忘れや頭の活性化を促す意味で2時間余り行われていた。

 カラオケ仲間と一緒にマイク片手に歌っている姿を見ていると、普段のイライラや嫌な事も忘れて楽しんでいる妻は生き生きしているようだ。

 足を悪くしてから唯一の楽しみが「手芸」と「カラオケ」そして年数回の車での旅になっている。第二の足である車を得てからこの様な事が生き甲斐になっている。数年に一度の股関節取り替え手術に耐え、今の日常生活を送って行ける喜びが何回もの手術の立ち向かった事が、ご褒美の様に想える妻の日常生活の一環です。

 
 
 

 

 今日は障害者センターの手芸教室を覗いてみました

  • 更新日:

 今日は障害者センターの手芸教室を覗いてみました。

CA3H0252.JPGCA3H0254.JPG
 木曜日のセンター手芸教室に、「それぞれの障害者がいる」今日は10人の障害者が集い、様々な物に挑戦していた(牛乳パックでカード入れや
編み物をする人、又はスリッパ作りにパッチワーク等)とその人に合った物作りに挑戦していた。

CA390174.JPG

 その代表に妻がいる、車椅子に乗り忙しく動き回り、説明をしたり作り方を指導していた、その作品を写真にてご紹介したいと思います。

これからは、「障害者の旅を楽しくする」の一部として、体力増進も大事な要素です、障害者のスポーツも各種のサークル活動(手芸やカラオケ)等もリハビリとして取り入れて楽しいブログとして発信して行きたいと考えています。
  
 私や妻がサークルに参加している、障害者センターのサークル活動の一部を紹介しながら、ブログの輪を広げて行きたいと考えています。

 これからは、このブログ見て戴いている皆様にも、障害者がどのような日常生活を送っていますか、日常生活の一端をご紹介しながらブログを続けていきたいと思います。

※是非サークル活動にもご理解と共に参加して戴きたいと考えております。

                    問い合わせは Commennto(コメント)でお願い致します

 

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • CA390015.JPG
  • burogu 001.jpg
  • 001.jpg
  • CA3900741.JPG
  • CA390069.JPG
  • CA390030.JPG
  • CA390015.JPG
  • CA390265.JPG