2012年11月の記事一覧

冬の間は車での旅を休み、我が家の植物を紹介致します

  • 更新日:

障害者の旅を楽しくする」も、海山とも障害者の立場では行くのは難しいシーズンになりました。

CA390194.JPG
 そこで、旅に出掛けられるシーズンが来るまでは、障害者の旅を離れて我が家に咲いている珍し
い花(多肉植物の中でも、私が栽培している種類の、リトープスとコノフィッツムの花をご紹介します。

CA390204.JPG

 リトープス花は、白と黄色が有ります(花径は、約2,5センチから3,5センチ)です、
(写真・オレンジとピンク色)が有ります、本体は小栗が二つ合わさった形をしていて、その間から
花が咲きます。

CA390205.JPG

 コノヒッツムの球体は、足袋の形をしているので、通称:足袋型種と云われています(やはり間から
花が種類により各種の可愛い2センチの花が咲きます。

 今年は長い夏の気温が9月末まで残り、やっと秋の風が吹き始めたのが10月と、例年では10月
の始めに満開になる花がですが、一月遅れの11月の今(10日~30日)に満開を迎えている、花
も満開を迎えました。植物も異常な年になったと感じているようです。

 我が家の植物は、私と同様に、おかしな性質の植物で、茎も無く葉も無い、枝も無く毎年脱皮繰り返しながら
子孫を残す、成長が遅い植物ですが、毎年綺麗な花を咲かせてくれます。
 
 

プールでの歩行訓練を再開する

  • 更新日:

 最後の股関節置換手術が1月末に終わり、左足がまだ半分しか体重を掛ける事が出来ないものの、そろそろプールに入っての歩行訓練を再開する時期が来ていると考えた。

CA390193.JPG

 主治医の先生に聞くと、「良いです」と許可を戴きましたので、障害者センターのプールに入っての歩行訓練に踏み切った。

 プールに入れば浮力で、体重は六分の一に軽減される(首から上を出しても五分の一)程度と想われます歩行訓練には最適な条件が揃って居り、本日再会致しましたが、1年数か月ぶりのプールでの歩行訓練で、やはり足が出て行かないと本人は言っていた、馴らす程度の20分程でプールを後にした。

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • CA390015.JPG
  • burogu 001.jpg
  • 001.jpg
  • CA3900741.JPG
  • CA390069.JPG
  • CA390030.JPG
  • CA390015.JPG
  • CA390265.JPG