採用支援 一覧

 埼玉県立高等技術専門校では、訓練生への求人を随時承っております。
 訓練生を採用した企業へのアンケート調査では、仕事への取り組み姿勢や知識・技能レベル
等について高い評価をいただいております。
 高度な知識・技能を習得した訓練生を是非採用しませんか。

1 求人申込について
  訓練生への求人申込は、次の2とおりです。
 (1)埼玉県電子申請システムで、求人票に必要事項を入力していただく方法    
 (2)所定の「求人票」に必要事項をご記入の上、専門校に郵送、FAX又は直接持参して
    ただく方法
    求人票(記入要領あり)[PDFファイル/84KB]をダウンロードし、求人票に必要事項を
  ご記入ください。
  ※求人申込に当たってご不明な点がございましたら、申込を希望する専門校にお問合わ
     せください。

2 埼玉県立高等技術専門校・職業能力開発センターとは
  中学校、高等学校を卒業してこれから就職しようとする人や、転職して新しい職業に就こう
 とする方を対象に、就職に必要な技能や知識を身につけるための実技を中心とした職業
 訓練を実施しています。
  ものづくり分野を中心に多様な科目を設置し、科目によっては、一定の資格や受験資格が取得
 できます。

詳しくはこちらをご覧ください。  

 優秀な女性人材を確保するためには、企業内保育所を設置して子育てと仕事の両立が可能な職場環境づくりが有効です。
 企業内保育所設置に関心をお持ちの企業や病院、福祉施設等の皆様を対象に「企業内保育所企業担当者向けセミナー」を開催します。成功する施設の運営方法や補助などの公的支援制度について、専門家から最新の情報を説明します。セミナーを通じて自社での企業内保育所設置のきっかけとしてください。

●セミナーの主な特徴
・「企業内保育所」は女性の人材確保や待機児童解消に有効です。県では独自の補助制度や事例集で企業を支援しています。今回のセミナーでも企業を支援。
・企業内保育所」や「子ども・子育て支援新制度」の最新動向の情報入手が可能。
・設置を検討している企業向けの実践的セミナー(初めて開催。今年度は今回限り。)

●セミナーの概要
1 日 時  平成25年10月28日(月) 13:30~16:00
2 参加費  無料
3 開催場所 新都心ビジネス交流プラザ 4階 会議室A
4 内 容
(1)企業内保育所と子ども・子育て支援新制度の動向
(2)企業内保育所運営費用の目安及び効率的な保育所運営のポイント
  【講演者】(株)第一生命経済研究所 上席主任研究員 的場 康子氏
(3)企業内保育所設置企業による事例発表
  ・(株)富士住建
  ・埼玉ヤクルト販売(株)
5 定員 70人(先着順)

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 中小企業庁では、地域における中小企業・小規模事業者の将来を担う人材の確保・定着・育成を支援するため、以下の人材対策事業を行っています。

1 新卒者就職応援プロジェクト

 新卒者等に対し、中小企業・小規模事業者の事業現場で働く上で必要な技能・技術・ノウハウを習得する機会を提供するため、中小企業・小規模事業者で実施する職場実習(いわゆるインターンシップ)を支援しています。
 コーディネート機関が事前カウンセリングから実習終了までをきめ細かく支援するとともに、実習生に対しては日額最大7,000円の技能習得支援助成金を支給します。
職場実習受入を希望される中小企業・小規模事業者及び職場実習参加を希望される方は、コーディネート機関にお問い合わせください。

2 中小企業新戦力発掘プロジェクト

 育児等で一度退職し、再就職を希望する女性等(新戦力)に対し、職場経験のブランクを埋める機会を提供するため、中小企業・小規模事業者で実施する職場実習(いわゆるインターンシップ)を支援します。
 コーディネート機関が事前カウンセリングから実習終了までをきめ細かく支援するとともに、実習生に対しては日額最大7,000円の技能習得支援助成金を支給します。
 職場実習受入を希望される中小企業・小規模事業者及び職場実習参加を希望される方は、コーディネート機関にお問い合わせください。

3 地域中小企業の人材確保・定着支援事業

 地域の中小企業・小規模事業者が一体となって大学、ハローワーク等と連携し、大学等との顔の見える関係作りから中小企業・小規模事業者と大学生等とのマッチング、人材育成・定着までを一貫して支援します。
 以下の3ステップを総合的に実施します。

ステップ1:経営者による出前講座等、事業者と学生のお互いの顔が見える関係作り
ステップ2:合同就職説明会等による事業者と学生のマッチング
ステップ3:地域全体での若手従業員の人材育成、定着支援

 コーディネート機関など、詳しくはこちらをご覧ください。 

 本県学生の多くが都内に通学しています。
 県内在住でも都内に通学していると、学校のある都内の企業に就職を希望する傾向がありますが、地元県内には魅力ある中小企業が多く存在します。
 そこで県ではこうした都内に通う新卒者等と県内中小企業とを結びつける場として、合同企業面接会を初めて都内で開催します。
 合同面接会には県内の有力企業も参加しますので、積極的な参加をお待ちしています。

1 合同企業面接会の特徴
 ・都内で初めて合同企業面接会を開催
 ・県内企業を中心に100社が参加
 ・参加予約不要
 ・入退場自由
 ・履歴書不要(当日求職受付票を記入)

2 合同企業面接会の概要
(1)日 時 平成25年8月9日(金) 13:00~16:00(受付12:30~)
(2)会 場 池袋サンシャインシティ文化会館3階 展示ホールC
        池袋駅徒歩8分、東池袋駅徒歩3分
(3)対 象 平成26年3月卒業予定の大学・短大・専門学校生
                 (既卒3年以内の者を含む)
(4)内 容 合同企業面接会
       (特設ホームページに企業情報掲載予定)
(5)申 込 不要
(6)主 催 埼玉県 
(7)運 営 委託先:株式会社学情

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 県では、これまで若者に県内中小企業の求人情報を提供するシステムを運営してきました。
 この度、双方向の交流を図るため、若者の求職者が経歴や自己PR等の情報を公開することで、地元企業とのマッチングを目指す「彩の国仕事マッチングシステム」にリニューアルしました。職を求めている方、求人を考えている企業の方々、是非御利用ください。

1 彩の国仕事マッチングシステムの特徴
(1)求職者のメリット
 ・求人企業に対して、自己PRをすることができます。
 ・これまで知ることができなかった企業からのコンタクトが受けられます。
 ・スマートフォン対応で、どこでも自己PRの登録や求人情報の確認ができます。
 
(2)求人企業のメリット
 ・必要な時、タイムリーに求人情報の掲載ができます。
 ・自社の希望にあった求職者にピンポイントで連絡ができます。
 ・利用は無料。


2 彩の国仕事マッチングシステムの概要
(1)「彩の国仕事マッチングシステム」URL
  http://www.saitama-shigoto-matching.jp/

(2)利用方法
 (ア)求職者の利用の流れ
   ・彩の国仕事マッチングシステムにアクセス。
   ・ID・パスワードを登録。
  ↓・希望職種や自己PR等を登録して利用申請。運営事務局が簡単な審査を実施。
   ・事務局の承認後、登録完了。
   ・あとは企業からの連絡を待つだけ。
  ※なお、本システムは登録されたすべての求職者に企業から連絡があることを保証する
   ものではありません。

 (イ)求人企業の利用の流れ
   ・ID・パスワード及び事業所情報を登録。
  ↓・求人情報の登録、運営事務局の承認。
   ・希望に合う求職者へ連絡をする。
    ・求職者が連絡に応じたら、選考へ。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 ハローワーク特区を活用した新たな就業支援施設「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」が、平成24年10月29日(月)にJR武蔵浦和駅前にオープンしました。
 ハローワーク浦和・就業支援サテライトは「ワンストップ、クイックサービス」をモットーに、次のようなサービスを実施しますので、ぜひご利用ください。

(1)ハローワークと県のサービスを一体化し、相談から就職まで切れ目なく支援
(2)求職中の生活や住まいに関する総合相談窓口を設置
(3)お子様連れでも相談しやすいマザーズコーナー、介護など福祉の仕事に興味のあ 
 る人への福祉人材の就職相談窓口などあらゆるニーズに対応

1 施設概要
(1)利用時間
   月~金曜 10時から19時
   土曜   10時から17時 ※土曜は中高年コーナー(予約制)のみ
(2)場所
   ラムザタワービル3階(JR武蔵浦和駅西口徒歩3分)

2 サービス内容
(1)ハローワークコーナー
  求職者へのきめ細かな職業相談や全国の求人情報をもとにした職業紹介など就
 職活動をトータル的に支援します。(※雇用保険の受給手続きは行っていません。)
(2)マザーズコーナー
  ハローワークコーナーで提供するサービスのほか、お子様連れでも相談しやすい
 ようキッズスペースや授乳室を設置しています。
(3)中高年コーナー(予約制)
  40歳以上の求職者を対象にセミナー、カウンセリング、職業紹介など早期就職に
 向けた支援を行います。(※ 予約専用電話番号 048-826-5611)
(4)生活・住宅総合相談コーナー
  さいたま市と連携し、求職中の生活資金や住居の確保などの相談に対応します。
(5)福祉人材就職コーナー
  介護など福祉関連の仕事について、相談から職業紹介まで一貫した支援を行い
 ます。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

このページの上部へ