表彰 一覧

 埼玉県では全国の企業経営者を対象に「渋沢栄一賞」をお贈りし、今日の企業家のあるべき姿を埼玉から発信しています。平成の渋沢栄一と呼ぶにふさわしい方に賞が贈られますよう、全国の皆様から多くの御推薦・情報提供をお待ちしています。

● 渋沢栄一賞募集案内の概要
1 候補対象者
  渋沢栄一の精神を受け継ぐような企業活動と社会貢献を行っている全国の企業経営者
2 推薦・情報提供方法
  国、地方公共団体、関係団体等から推薦をいただきます(自薦は不可)。
  また、推薦以外でも候補者に関する情報提供もお受けいたします。
3 募集期間
  平成26年7月15日(火)~平成26年9月12日(金)
4 選考方法
  渋沢栄一賞選考委員会での審査を経て、埼玉県知事が決定します。
5 発表・表彰
  平成27年1月に発表し、2月に表彰式を行う予定です。
6 実施主体
  主催:埼玉県・(公財)渋沢栄一記念財団・深谷市
  後援:総務省・中小企業庁・全国知事会・(一社)日本経済団体連合会・
       日本商工会議所・全国商工会連合会・全国中小企業団体中央会・
       (独法)国際交流基金・(独法)中小企業基盤整備機構関東本部・
       (社福)全国社会福祉協議会・(一社)埼玉県商工会議所連合会・
       埼玉県商工会連合会・埼玉県中小企業団体中央会・
       (一社)埼玉県経営者協会・(一社)埼玉県経営合理化協会・
       埼玉経済同友会・(社福)埼玉県社会福祉協議会・
       日本赤十字社埼玉県支部・日本経済新聞社さいたま支局・
       日刊工業新聞社さいたま総局
  協賛:(公財)埼玉県産業文化センター

詳しくは、こちらをご覧ください。

 県では、仕事と家庭の両立やキャリアアップを目指して頑張る女性を応援するため、"良き相談相手"として、県内企業等から推薦いただいた先輩女性の方々を「埼玉県働く女性応援メンター」に委嘱します。このたび、知事からの委嘱状交付式を行います。

●委嘱状交付式の概要
 1 日時 平成26年4月8日(火)13:30~14:10
 2 場所 知事公館大会議室
 3 概要 委嘱状の交付及び知事との意見交換
 4 メンター20名(当日出席するメンター15名)

●埼玉県働く女性応援メンターの主な特徴

・ 他社で働く女性管理職などが助言
   女性がキャリア継続をする上で抱えている様々な悩みを、自身が勤務している会社には相談できる先輩女性がいない、男性の上司には相談しにくいという方に、他社で働く女性管理職などに相談できます。
・ 交流会で悩みを解決
   キャリアアップを目指す女性がスキルを学ぶための交流会において、メンターに直接相談できます。
・ メールでの相談も可能
  県主催や、経済団体と県で共催する働く女性を対象としたセミナー受講者を対象に、セミナーだけでは解決できない個別の悩みをメールで相談できます。普段はなかなか相談できない他社の複数のメンターからアドバイスが受けられます。

 ※ 昨年度は14人のメンターで試行的に実施しましたが、平成26年度は20人に拡充して実施します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 埼玉県では、県内を通じて当該技能において第一人者と認められる現役の技能者を「彩の国優秀技能者(埼玉の名工)」として表彰しています。また、満30歳未満で優れた技能を持ち、他の模範と認められる青年技能者を「彩の国青年マイスター」として表彰しています。
 去る11月28日に埼玉会館にて、以下のとおり、技能者表彰式が開催されました。

●概要

1 彩の国優秀技能者(埼玉の名工)
 ・昭和43年度から続く歴史ある表彰で、平成24年度までに727名が受賞。
 ・技能に関する魅力発信等と、技能者の一層の技能水準の向上を図ることが目的。
 ・平成25年度は25名が受賞。
 ・受賞者には、彩の国優秀技能者章(徽章)及び記念品を授与。

2 彩の国青年マイスター
 ・平成7年度から続く表彰で、平成24年度までに176名が受賞。
 ・若い技能者の職業と生活に誇りと意欲を生み出すとともに、技能者の一層の技能
  水準の向上を図ることが目的。
 ・平成25年度は11名が受賞。
 ・受賞者には、彩の国青年マイスター章(徽章)及び記念品を授与。

3 表彰式
 ○彩の国職業能力開発促進大会~技能者表彰式~
  日時 平成25年11月28日(木曜日) 13時30分から16時00分
  場所 埼玉会館小ホール(さいたま市浦和区高砂3-1-4)
  内容 表彰及び感謝状の贈呈等
     ア 彩の国優秀技能者(埼玉の名工)
     イ 彩の国青年マイスター
     ウ 技能競技大会成績優秀者等
     エ 技能検定関係功労者等
     オ 叙勲受賞者、褒章受章者、厚生労働大臣表彰被表彰者等の御紹介

<参考>

○ 表彰の要件
 1 彩の国優秀技能者(埼玉の名工)表彰
   県内に就業する技能者のうち、次の要件を全て満たす者を知事が表彰します。
  ・極めて優れた技能を有する者
  ・現に表彰に係る技能を要する職業に従事する者
  ・表彰に係る技能を通じて産業の発展に寄与し、後継者の育成に貢献した者
  ・他の技能者の模範と認められるもの

 2 彩の国青年マイスター表彰
   県内に就業又は就学する30歳未満の技能者のうち、全国的な技能競技大会等
  において3位以内の成績を収めた者や、次の要件を全て満たす者を知事が表彰し
  ます。
  ・極めて優れた技能を有する者
  ・現に表彰に係る技能を要する職業に従事する者
  ・他の技能者の模範と認められる者

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 「卓越した技能者表彰」は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を厚生労働大臣が毎年表彰するものです。受賞者は、一般に「現代の名工」と呼ばれています。

● 主な特徴
 ・昭和42年度から続く歴史ある表彰制度で、平成25年度までに5,588名が受賞
 ・技能者の技能水準等の向上と、ものづくりに関する若者への魅力発信等を目的
 ・平成25年度 本県受賞者3名が決定(埼玉県受賞者の総数146名)
 ・受賞者には、卓越技能章(楯及び徽章)、褒賞金(10万円)を授与

● 本県の受賞者
1  根岸 好行氏 54歳
 (1)職種名  自動車部品組立工
 (2)住 所  東松山市
 (3)所属名  UDトラックス(株)(上尾市)

2  島崎 榮一氏 76歳
 (1)職種名  広告美術工
 (2)住 所  狭山市
 (3)所属名  (有)タカラ堂(狭山市)

3  梅澤 敬育氏 69歳
 (1)職種名  運道具製造工
 (2)住 所  熊谷市
 (3)所属名  梅澤剣道具(株)(熊谷市)

※ 年齢は、平成25年11月1日現在

● 表彰式
1 日 時 
  平成25年11月7日(木)14時00分~15時45分
2 場 所 
  リーガロイヤルホテル東京「ロイヤルホール」

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 埼玉県技能士会連合会は、県内の技能士(技能検定合格者)が社会的、公的活動を通じて郷土産業の発展に寄与するとともに、技能士の技能及び社会的地位の向上を図ることを目的に設立されています。
 関連職種の技能士会に加入することで、埼玉県技能士会連合会及び一般社団法人全国技能士会連合会にも加入したことになります。
 なお、入会すると以下のような各種特典があります。

1. 技術・技能向上のための研修に参加できます。
2. 優秀技能者・功労者等の推薦及び表彰の対象となります。
3. 地元市町村で技能士(事業)の周知に繋がります。

〇 技能士会にご関心がある方
 埼玉県技能士会連合会は、33の技能士会で構成しています。技能士会に入会するには会費がかかります。ご関心がある方は、埼玉県技能士会連合会へお問い合わせください。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 「卓越した技能者」表彰は、卓越した技能を持ち、他の技能者の模範となる者を厚生労働大臣が表彰するもので、その被表彰者は、一般に「現代の名工」と呼ばれています。
 この制度は、昭和42年に、広く社会一般に技能尊重の気運を高め、技能者の社会的、経済的地位の向上と技能水準の向上を図ることを目的として発足しました。
  埼玉県からは、平成24年度までに、142人の方々が表彰されています。平成24年度の表彰者は以下の4名の方です。

【平成24年度の表彰者】

〇中山 秀明(深谷市)
  金属手仕上工・富士電機エフテック(株)吹上事業所
  中山さんは、金型製作に優れた技能・知識を有しており、特に、金型構成部品の
  調整仕上げ段階で、累積誤差を手仕上げによりミクロンメートルの誤差以内で組み
  立てる技能に卓越しています。
  現在では、高難度の金型精密調整作業に従事するとともに、技能五輪指導員とし
  て、進技能者の指導・育成に貢献しています。

〇 川澄 寛國(川口市) ※「寛」の「見」の「あし」右上に点が付く
  刃物製造工・(株)昌国
  川澄さんは、一貫して盆栽手入れ道具(刃物)の開発、改良に努めつつ、その技
 能を活かして様々な分野の刃物の開発・製造にも携わっています。また、刃物博物
 館を運営し、小中学生の体験教室の場として提供するとともに、自ら講演・指導を行
 うなど、刃物づくりの技法普及・後進の育成に貢献しています。

〇石井 朋昌(熊谷市)
  畳工・石井畳店
  石井さんは、住宅畳から神社仏閣の紋縁畳、特殊畳等の手縫い作業と仕上げに
 優れた技能を有しています。
  特に伝統技術に基づいた板入れ縁つき畳製作においては、仕上げ寸法の正確
 さ、むら(凸凹)の工作技術に独自の工夫を重ね、顧客から高い評価を得ています。
 また、埼玉県畳技能士会の副会長として後進の指導育成に尽力するなど、技能継
 承に貢献しています。

〇横川 讓二(さいたま市見沼区)
  日本料理調理人・日本料理よこ川
  横川さんは、郷土色豊かな会席料理の創作技術に卓越し、包丁技術を活かした
 「むきもの」では、高い評価を得ています。また、技能検定試験の日本料理中央試
 験委員、職業訓練指導員、全技連マイスター会支部会長、埼玉県調理技能士会会
 長などを務め、技能振興に尽力し、後進技能者の指導・育成に貢献しています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 埼玉県では、極めて優れた技能を持ち、県内のものづくりを支える方々を知事が表彰しています。
 本年度は、新たに21名を「彩の国優秀技能者(埼玉の名工)」、12名を「彩の国青年マイスター」に決定し、11月29日に以下のとおり、第20回彩の国職業能力開発促進大会において表彰しました。
 この大会は、ものづくりを支える技能を尊重する気運を高め、職業能力開発の必要性をアピールするため、毎年11月に開催しています。
 このほか、本県の職業能力開発に貢献いただいた方々も併せて表彰しました。

○第20回彩の国職業能力開発促進大会 ~技能者表彰式~
 日 時   平成24年11月29日(木)14時40分~17時00分
 場 所  埼玉会館 小ホール
 内  容  表彰及び感謝状の贈呈等
       ア 彩の国優秀技能者(埼玉の名工)
          イ 彩の国青年マイスター
         ウ 技能競技大会成績優秀者等
         エ 認定職業訓練、技能検定関係功労者等
         オ 叙勲受章者、褒章受章者、厚生労働大臣表彰被表彰者等の御紹介

<参考>
1.彩の国優秀技能者(埼玉の名工)表彰
    県内に就業する技能者のうち、次の要件を全て満たす者を知事が表彰します。
  ・極めて優れた技能を有する者
  ・現に表彰に係る技能を要する職業に従事する者
  ・表彰に係る技能を通じて産業の発展に寄与し、後継者の育成に貢献した者
  ・他の技能者の模範と認められる者

2.彩の国青年マイスター表彰
    県内に就業する30歳未満の技能者のうち、全国的な技能競技大会等において
 3位以内の成績を収めた者や、次の要件を全て満たす者を知事が表彰します。
  ・極めて優れた技能を有する者
  ・現に表彰に係る技能を要する職業に従事する者
  ・他の技能者の模範と認められる者

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 「卓越した技能者表彰」は、各産業分野において最高水準の優れた技能を持ち、他の技能者の模範となる方を厚生労働大臣が表彰するもので、一般に「現代の名工」と呼ばれています。 

 本県関係者の中から、このたび以下の4名の方の受賞が決定しました。表彰式は、11月8日(木)に、 リーガロイヤルホテル東京で開催されました。

 ● 被表彰者

 1 中山 秀明(なかやま ひであき)59歳
    ア 職種名  金属手仕上工
    イ  住 所  深谷市
    ウ  所属名  富士電機エフテック(株)吹上事業所(鴻巣市)

 2 川澄 寛國(かわすみ ひろくに)62歳
    ア 職種名  刃物製造工
    イ   住 所  川口市
    ウ  所属名  (株)昌国(川口市)

 3 石井 朋昌(いしい ともあき)65歳
    ア 職種名  畳工
    イ   住 所  熊谷市
    ウ  所属名  石井畳店(熊谷市)

  4  横川 讓二(よこかわ じょうじ)62歳
    ア 職種名  日本料理調理人
    イ    住 所  さいたま市
    ウ   所属名  日本料理よこ川(さいたま市)

 ※ 年齢は、平成24年11月1日現在

 詳しくは、こちらをご覧ください。

このページの上部へ