就職活動の情報ソースは、どこから見つけているのでしょうか?
 ほとんどの人が自分の関わってきた生活や知人、そして社会情報から「企業」「働き方」「職種」を知ります。当然ですが、知らないと情報は広がりません。これは就職活動だけでなく、キャリアの選択にも関係してきます。

 今回は改めて社会への関心を考えてみましょう。

 皆さんは1日に、どれくらいのニュースを自分の中に取り入れる時間を持っていますか?
 インターネットの普及で、世界中の情報がリアルタイムで手に入るようになった今、すぐに情報が手に入るという気軽さで、手間を掛けて、情報を手に入れることを省略し、入手情報が狭くもなっているようです。そして、活字離れとともに、新聞やテレビのニュースを見る人もどんどん減っています。

 社会の変化に敏感に、そして、広く、政治経済から文化的なことまで世の中全体の動きを知るためには、やはり、今のところ、新聞や書籍の利用を薦めます。

 新聞を薦めると、読むだけでいいのでしょうか?どこを読めばいいのでしょうか?と聞かれます。
 私は、新聞に関しては、週に一度でいいので習慣的に読むこと。また、飛ばし読みでもいいので、全部に目を通すこと。拾う文字は「新=新しい」というキーワード、これだけはちょっと丁寧に読むようにと学生には指導しています。

 「新規事業」「新規参入」「新製品」「新店舗」というように「新しい」ことから可能性や好奇心を広げたいと思っているからです。また、社会変化の速さから、「新しいこと」があっという間に広がっていく時代です。出来るだけ情報の鮮度にも関心を持っていてほしいと思います。

 また、情報を鵜呑みにせずに、情報を収集すると同時にその情報を広げること、確認することにも注意を払ってください。

 キャリアを形成することは、社会変化に対応することでもあります。自分の知らないこと、興味がなかったことが、これからのキャリアのチャンスが眠っているところだと思うと、情報を集めることは「宝探し」のようなものではないでしょうか?

 18世紀のニューヨークに生きた人が一生かけて知り得た情報量を現代社会で生きている人はなんと1週間で得るそうです。情報に埋もれずに、上手に情報と付き合うことが現代の私たちの生きる知恵であり、可能性だと思います。

 小島貴子氏のコラム「キャリアレッスン」は、9月号で掲載を終了させていただきます。

永らく御愛読いただき、誠にありがとうございました。

 新コーナーの開設を現在準備中ですので、引き続き御愛読をお願い申し上げます。

 「埼玉の暑い夏を熱く!」とはいえ、正直仕事探しには、厳しい季節ですね。
 だからこそ、動くことが大事かもしれません。人が面倒なこと。人が分かっていてもやりたくないことをやる。言葉では簡単だけど、実際やるとなると動きが鈍くなること。
このひとつが仕事探しかもしれません。

 ここで、この暑い夏に仕事をする土台となる「意識」を考えてみてください。

 社会は、急速に変化しています。科学技術の進歩で、昨日不可能ことだったことが今日はできるようになり、それにより、社会のしくみが大きく変わることもまれではありません。
 いつ、自分の会社が吸収されたり、合併されるともかぎりません。それによって、海外資本の会社になることもありえます。また、倒産やリストラも、他人事ではありません。
 いつ、自分たちの会社に火の粉がかかるかもわからない、不安定な世の中なのです。
 変化にいつでも対応できて、変化をチャンスととらえることのできる人、それが今の世の中に求められる人です。

 会社の競争力の源泉=人材
        ↓
 会社にとって必要な人=自律・自立した志向と思考と行動ができる人

 言われたことだけをこなせる人は、社会にはいらないのです。言われたことに、さらに自分なりの工夫を重ねる人が、今の世の中には求められています。

 常に、向上心を忘れずに、キャリア形成をしていきましょう。
 会社は生き物です。その会社の社員の行動意識しだいです。つまり、会社を成り立たせているのは、その会社の社員です。会社にとって利益を生み出す大元は、自分たちのところの社員なのです。

 ですから、社員を大事にしない会社はダメになるし、社員は、その会社の姿勢や期待にこたえていかなくてはならないのです。

 会社にとっての財産は人材

 価値を生み出せる人とは、
・周囲を巻き込み、自ら価値を生み出す人
・変化に対応する人
・自ら必要な能力を見極め、高める人
・変化をチャンスとして取り込める人
・自らキャリア形成をしていける人
        ↓
 言われたことプラスワンの「思考」と「志向」と「行動化」
        ↓
 価値を生み出す=会社にとって必要な人

 価値を生み出せない人とは、
・挑戦心のない人
・意見を伝えない人
・発想しない人
・意欲が伝わらない人
      ↓
 変化に弱い
      ↓
 能力が陳腐化する=会社にとって不要な人

ということです。では、端的に言って就職活動で伝えなければならないことは、「挑戦心」「自分なりの意見」が大事になるということですね。

 これは、老若男女を問わず、仕事探しの基盤です。

 

 今回は、身近な人と自分の距離感、そしてキャリアについてお話をします。

 「大学のゼミの友人は、内定を複数持っている。自分は焦って空回りをする。」という相談が全国から寄せられる時期になりました。
 友人の内定複数?でも行ける会社はひとつです。正直羨ましいですよね。近くの友人はある意味、自分の求めているものを映す鏡ですし。別の視点では、自分の「やる気のスイッチ」になってくれますから。
 「同じ状況で学んでいるのに、何故?」って思ってしまいますね。 
 くやしいほど上手く行っている人っているものです。特に、自分にはない「力」を発揮する人。そういう人を身近に感じることが大事です。ねたむのではなく、その能力とスキルに嫉妬する関係。これは、自分のキャリアに対するモチベーションを高めてくれます。なんとかその人を追い越したい、と思いますからね。

 誰でも自分が一番になりたい、と思っているものです。私も40歳になった頃、自分のキャリアデザインをしてみようと一念発起。そのとき座右の銘として自分で作った言葉が、「一番になれなくても、一番最初になる」でした。
 私は繊細でないくせに、気が小さい。人と競争するのは、正直苦手です。それに一番になるのは並大抵のことではなさそうだし、なれなければなれないで、またくやしいはず。
 だったら、トップにならなくても、なんでも一番最初にやってみよう、と思いました。
 だから私にとってのライバルは「あ、そのアイディア、私も思いついたのに、先に実現しましたね」という人。いつだったか、女性の人生をシミュレーションするゲームを作りたいと思いついたら、既にアメリカに同じゲームがある、と教えられてがっくりしたことがあります。でも、そういうことがあるたびに、次は私が一番最初になろう、とまたファイトが湧くものです。
 
 同じ土俵で勝負をしなければ、ねたむことにはなりにくい。自分にはない相手の力に素直に感心しながら、今度は自分の持っている力で一歩先に行きたい、と心に火をつけるきっかけになりますからね。そんな純粋にプラスの力を与えてくれる身近な人を持つことは、自分のキャリアの力になります。
 また、仕事関連ばかり見てはいけません。自分の能力を広げるためには、色々な面で活躍している人の情報から自分自身の「マイライバル」を作ることです。趣味の領域や、実際には面識の無い人でもいいのです。
 もう一面はライバルには必ず「尊敬」するところを見つけることです。そうしないと単に競うだけで成長が陳腐な事になりがちです。
 自分の良さというのは、自分では分からないものです。友人の良さを伝えてみてください。必ず、友人は貴方の良さを教えてくれますよ。

 

 キャリア形成に必要な意識とは?時代が変わると何が変わるのでしょうか?
 私は過去の変化の中で、ハードとソフトの関係を数ある目安のひとつにしています。
 ハードは機械だったり、設備・建物のようなもので、ソフトは製品・商品やサービスなどですね。

 ひとつの例がパソコンです。マイクロソフトのウィンドズの出現はパソコンを本当の意味でパーソナルにしました。ここから急激な発展進化を遂げて、今ではビックデータの時代になりました。
 コンピューターの技術者にも様々な変化が起きています。技術的な変化だけではなく、利用者のニーズも使用方法も変わっています。もうパソコンは家電に近い使われ方です。20年前では考えられなかった事です。

 そこで、ちょっと考えましょう。日進月歩の変化に必死に対応しなければならないものと、普遍的なものはなんでしょうか?
 どんなに素晴らしく高度な技術を持って、技術変化に対応していても、サービスマインドの低いサービスエンジニアはクレームが多く、顧客満足度が低いため、仕事は来なくなります。
 キャリアの側面からも、人間が生きていくうえで、必要で普遍的な能力はこのソフトの部分が大きいようです。

 そこで、私は21世紀に生き抜くために、意識して身につけておいた方がいいものを5つあげてみました。

   V volume 量を意識する 
     仕事の情報量は、受身では限られてしまう
   V variety  多様性を意識する
     仕事を多面的に見ることで「考える」ことが出来る
   V value   価値を意識する
     自分の仕事に価値を持たせられるかを考える
   V voice   声の質を意識する
     自分の声は、心、やる気が「見えるもの」と知る
   V victory  勝利の意味を意識する
       仕事には「達成感」というゴールがある

 私は、この「5v」という意識が自分を変化させて、変化にあたふたする自分から、変化を自分で作る能動に変えられると伝えています。

 そうです。変化は必ずあるもので、それに対応することから「変化は外でなく、内なる自分から」と意識し、変化させる時代になっているということです。  

 社会変化が激しい時代に女性が結婚、出産、育児でキャリア(仕事)から離れたら、もう通用しないのではないか?と不安に思う人が多いのですが、本当にそうでしょうか?

 私は30年以上前に銀行の窓口で仕事をしていました。
 今の銀行業務はまったく違っていることでしょう。ただ、御客さまのニーズを考えて事務処理をどうやったら正確に早く出来るかを考え練習をしました。結果、余裕を持って接遇やセールスが出来るようになったのです。
 お客様との触れあう時間が多ければ多いほど相互信頼が生まれ、お客様の要求や様子は更にわかるようになるという好循環が生まれ、面白さとやりがいを知りました。

 私も結婚出産を機に仕事を離れましたが、30年過ぎた今でも、いえ30年過ぎたからこそ、あの当時の仕事が今でも十分役にたっていると実感出来るのです。
 キャリアのなかで中断している時間に起きた出産も育児も家事もすべてが次のキャリアに形は違っても繋がります。
 大学の教員と銀行の窓口業務には表面的には共通性はありません。しかし、常に「今求められていることは何か」「それをどうやったら提供できるのか?」と自問自答する姿勢は30年前に出来たものです。

 10年前の社会では、キャリアは積み重ねるものと考えられていましたが、こんなに社会変化の激しく早い時代では、積み重ねていても、それが通用しなくなったりすることは増えてくるでしょう。

 それよりも、ピーター・ドラッカーは、多様な経験、学習で違ったキャリアになっていく「パラレルキャリア」を提唱しました。ひとつの職業だけに囚われず、非営利な活動もキャリアであると。
 まさに家庭での母親の仕事は非営利な活動のひとつではないでしょうか?それが社会性・営利性が少なくとも、そこで培ったすべての経験は、また新たな場面で役に立ちます。

 しかし、この「役に立つためには」、役立てるのだという意識と考えを持つことが必要です。結婚で退職をしても、継続的に働いても、どちらにしてもあなたの仕事は、将来、形が変わって、見え方が変わっても役に立ちます。
 どうぞ中断という考えから、繋がっているという意識に変えてください。

 仕事を探している方々へは、是非「仕事探しを仕事の日常」と意識して行動してほしいと常々話をしています。

 企業の求人情報の書かれていないところには、色々な要件があります。
 その一つに「この人!と決めたら早く仕事をして欲しい」という要件も隠されています。

 面接で「何時から来る事が出来ますか?」という質問の意図には、
①働きたくってウズウズするような意欲がみたい
②働く準備の出来ている生活をしているので、自信を持った返答が来る
③面接までの時間に自分の意思決定が出来ている。
というような確認をしたいと思っています。
 
 ということは、面接に来て働く意思はあるのだけれど、働く意欲が求職期間中に低下している。←ここは、実は自分では気がつかない場合が多く、面接官はここをよく観察しているのです。
 
 また、毎日がある意味の日曜日になっていて、生活リズムが働くモードになっていないために、言動に表れてしまうことも多々あります。

 そして、最後にせっかく面接まで来ているのに、その会社のことを履歴書を出した後からそれ以上に調べていないで「面接の合否が来たら考えよう」と安易に考えて面接に来てしまう事などがあります。

 まず、自分の生活を、仕事を想定して変えていきましょう。
 起床時間から変えます。そして出来るだけ日中も人と情報の集まる場所へ出かけましょう。図書館・ハローワークに行ってください。家の外には様々なきっかけがあります。
「明日から来られます」と返事したものの朝起きる事が辛くなり、冴えない表情で初出勤とならない為にも生活スタイルを変える準備から求職活動が始まっています。

 また、情報から意欲を湧かせることも大事です。社会変化の情報で「これから」に思いを馳せてみてください。

 前回、キャリア教育の定義を説明させて頂きました。

 この背景には雇用環境の変化、学校を出てもすべての子ども達が就職をすることが出来ていないという現実もあります。
 また、社会変化のスピードが速く、激しいために、今まであった企業や産業が消失することも起きているので、社会の変化に対応できるキャリア意識(自立)も必要であるということがあると考えられます。

 そして、文部科学省では、キャリア形成に必要な能力として以下の4つを出しています。

 これは、単に会社に入社するための能力ではなく、主体的に意思決定(自分で決める)ことを前提にされています。

 家庭教育において、指示・命令・決めつけを出来るだけ少なくし、自分で考えること。
自分で決めること。自分で責任を持つことを日常生活の中で意識してください。

 親が指示することは、簡単です。
しかし、それでは自分の発想を生んだり、自分で責任を持つ機会を持てないということになります。

1. 人間関係能力:他者の個性を尊重し、自己の個性を発揮しながら、様々な人々と
           コミュニケーションを図り、協力・共同してものごとに取り組む能
           力。
2. 情報活用能力:学ぶこと・働くことの意義や役割及びその多様性を理解し、幅広く
           情報を活用して、自己の進路や生き方の選択に生かす能力。
3. 将来設計能力:夢や希望を持って将来の生き方や生活を考え、社会の現実を踏ま
           えながら、前向きに自己の将来を設計する能力。
4. 意志決定能力:自らの意志と責任でよりよい選択・決定を行うとともに、その過程で
           の課題や葛藤に積極的に取り組み克服する能力。

 高校でも、今後キャリア教育の義務化というニュースが新聞の一面に出ました。
親世代にはこのような教育はありませんでした。「進路指導、道徳教育とは違うのでしょうか?」という質問を多くいただきますので、改めて文部科学省が提言している「キャリア教育」を説明してみます。

 キャリア教育の定義は、文部科学省のHPで閲覧できます。
 私が一番重要と考えることは、「個々人が生涯にわたって遂行する様々な立場や役割の連鎖及びその過程における自己と働くこととの関係付けや価値付けの累積」という表現です。

 この意味を文部科学省では、簡単に言えば、「子どものときは、家の手伝いをしたり、学校での様々な役割があります。また、就職したり、結婚することによってまた新たな役割が生じます。さらに、地域社会とつながる中で、様々な役割を果たしていかなければなりません。
 すなわち、人は生まれてから死ぬまで様々な役割や立場を担いながら生活していくということです。」と伝えてます。

 ということは、家庭でも様々な役割を明確にして子どもの成長のために、体験を積むことを意識するということです。

 また、「『児童生徒一人一人の勤労観、職業観を育てる教育』としてキャリア教育は、学校の全ての教育活動を通して推進する。各小・中・高等学校において活動相互の関連性や系統性に留意しながら、発達段階に応じた創意工夫ある教育活動を展開していくことが必要。」とも表現しています。

 一口に職業観といっても、働いたことのない子どもが身に着けることは難しいのですが、世の中の仕事を家庭で話すことや、親自身の職業観を子どもに伝えることもキャリア教育といえます。

 キャリア教育という言葉が公文書で初めて使用されたのは、1999年の中央教育審議会答申「初等中等教育と高等教育との接続の改善について」です。
 この答申の中で「学校と社会及び学校間の円滑な接続を図るためのキャリア教育(望ましい職業観・勤労観及び職業に関する知識や技能を身につけさせるとともに、自己の個性を理解し、主体的に進路を選択する能力・態度を育てる教育)を小学校段階から発達段階に応じて実施する必要がある」と述べられています。

 さらに2006年11月の文科省内協力者会議作成による「小学校・中学校・高等学校キャリア教育推進の手引」において、キャリア教育において身につけさせる力として以下の内容構造案を示しています。

(1)人間関係形成能力(自他の理解能力とコミュニケーション能力)
(2)情報活用能力(情報収集・探索能力と職業理解能力)
(3)将来設計能力(役割把握・認識能力と計画実行能力)
(4)意志決定能力(選択能力と課題解決能力)

 以上の内容は具体的に、
(1)他者の個性を尊重し、自己の個性を発揮しながら、様々な人々とコミュニケーションを図り、協力・共同して物事に取り組む力を育成すること。
(2)学ぶこと・働くことの意義や役割およびその多様性を理解し、幅広く情報を活用して、自己の進路や生き方の選択に生かす力を育成すること。
(3)夢や希望を持って将来の生き方や生活を考え、社会の現実を踏まえながら、前向きに自己の将来を設計する力を育成すること。
(4)自らの意志と責任でよりよい選択・決定を行うとともに、その過程での課題や葛藤に積極的に取り組む力を育成すること。
と具体例を挙げています。

 難しい表現ですが、自分で考えて、自分で表現する。しかしそれは仲間や社会と一緒であり、協調することです。これは、学校生活だけでなく、家庭生活の中でも出来ることです。
 例えば「それは具体的にどんなこと?」と聞いてみること。「自分ではどう言ってみたいの?」「他にはある?」というように親や他者が「尋ねる」ことを積極的にすることが「自立的な考え」の芽になります。

 キャリア教育とは特別の教育ではなく、将来への基盤を意識して行動を促進することではないでしょうか?

このページの上部へ