企業の魅力紹介 一覧

spiral1.jpg              日本スパイラル株式会社
              代表取締役 冨澤 博樹
|日本スパイラル株式会社について 
 日本スパイラル株式会社は、豊富な知識、経験と確かな技術により信頼性の高い製品を提供し続けている、スクリューコンベアーメーカーです。
 「スクリューコンベアー」と聞いてもあまりピンと来ないかも知れません。ほとんどのスクリューは機械の内側で活躍するため、目に触れるチャンスはなかなかありません。しかし、粉体や粒体の移動がある場合、そこには高い確率でスクリューコンベアーが存在します。小麦や大豆のような食料品、セメント、化学薬品、下水処理場の汚泥等、搬送に使われる用途は多岐に渡ります。
 創業以来、スクリュー一筋に40年以上。お客様の満足が得られる製品をご提供できるよう、全てオーダーメイドでお受けし、社員一丸となって日々スクリューの研究、品質向上に取り組んでいます。
|ものづくりの原点-春日部高等技術専門校での日々- 
 大学を卒業後、行政書士事務所の勤務などを経て、ものづくりの世界へ飛び込んだのは7年程前。結婚を機に、妻の父親が創業した当社に入社する事を決めたのがきっかけです。まずは、ものづくりの基礎を1から学ぼうと埼玉県立春日部高等技術専門校 (以下、春日部校)の金属加工科へ入校しました。高校を卒業したての若者たちと机を並べて勉強し、作業服に着替えての実習。28歳の身にはとても新鮮で、彼らと共に学んだ日々は、まるで学生時代に戻ったような、そんな楽しい日々でした。いわゆる「学校の卒業式」で涙を流したのなんて、人生で初めてだったと思います。
 1年間の訓練の後、春日部校での経験が仕事の随所に活きていることを実感しながら、先代社長と二人三脚で当社の営業に奔走しています。当社の製品は、どのようなサイズにもお応えし、全てオーダーメイドでお作りしていますが、ものづくりをする感覚を春日部校で身につけることができたおかげで、取引先からのオーダーに対して、納期や金額の提示がスムーズに行えています。また、的外れな質問をして経験豊富なベテラン職人から呆れられるような事も「あまり」ありません(笑)。
|経営者となって
 入社から7年の月日が経った今年8月、先代からバトンを引き継ぐ形で代表取締役に就任しました。経営者の立場となり、改めて感じた事があります。
 それは、社員の方達がいるからこそ、自分は生かしてもらえるのだという事です。
中でも、納期を間に合わせるために夜遅くまで残業している姿を見ると、その思いはより一層強くなります。
 経営者のこんな気持ちは、前の職場で一人の社員として働いていた頃には想像すらしなかった事です。おそらくその時の社長さんも、そして日本の多くの社長さん達も、同じような思いを抱いているのではないでしょうか。
 続きはこちらからご覧ください。

代表取締役 さわ 和代

 さわ研究所は、看護師国家試験対策だけを専門に行っている予備校です。久喜市で2003年に創業したのが始まりで、現在はさいたま市の本部校の他に、大阪校、仙台校があり、全国で実施する各期講座を含めると、毎年延べ3万人以上 がさわ研究所の講義を受講しています。
 
 さわ研究所では、講師や営業、経理、ITなど様々な業務に従事する社員がいますが、採用する際に重視するのは、「一緒に働きたいと思うかどうか」です。採用した以上、社員一人ひとりが家族の一員です。会社というものは、モーターのエンジンを入れれば自動で動きだす船ではなく、手漕ぎボートのようなものなので、社員全員でボートをこぎ続けなくてはいけません。家族となった社員全員が同じ方向を見て、呼吸を合わせることができて初めて、ボートは前に進むのです。
 社員には心が育つように、成長するように、毎日の朝礼では自身をさらけ出していろいろな話をします。共感する部分があってほしいと思うし、違うなと感じればとことん議論します。就職してから1年、3年、5年と年月が経った時、心が成長し、強くなればどんなストレスも乗り越えることができるでしょう。心の成長を通して、互いに感謝しあう気持ちを育んでいきます。
 
 中小企業で働くことの魅力の一つは、社員の成長スピードの速さです。全員が戦力のため、任される仕事の幅が広く、経営感覚が身に付きます。一概に、中小企業、大企業とくくる意味はありません。企業それぞれには、個性があります。どこでなら自己実現ができるのか、その本質を見極めることが重要ではないでしょうか。

 続きはこちらからご覧ください。

 
 国内最大級の展示商談会「彩の国ビジネスアリーナ2014」を、平成26年1月29日(水)・30日(木)に開催します。県内を中心とした中小企業の販売促進・取引先拡大を目的としています。

●本事業の主な特徴
・ 国内最大級のビジネスマッチングイベント
  さいたまスーパーアリーナでの開催が11回目となる今回は、700小間を超える
  規模で様々な産業分野の優れた技術・製品・サービスが展示されます。
・ 埼玉県ビジネス懇談会を同時開催
  企業、大学、金融機関及び経済団体等が一堂に会し、交流を行う埼玉県ビジネス 
 懇談会を1月29日(水)に開催します。
  同懇談会において、彩の国経営革新モデル企業の指定式を実施します。
・ 次世代産業ゾーンを設置
  次世代自動車、ロボット、エネルギー・環境分野の企業、更には埼玉が誇る技術を
 持った企業を招へいし、最新の技術・製品の展示とともに、ビジネスマッチングの機
 会を提供します。
・ 経営に役立つ講演会の実施
  元埼玉西武ライオンズ選手の工藤(くどう)公康(きみやす)氏を迎えて、『「10年先
 の自分」をつくる』をテーマに御講演いただくなど、経営に役立つ講演会を複数実施
 します。

●彩の国ビジネスアリーナ2014
1 開催日時・場所
 (1)開催日時 平成26年1月29日(水) 10:00~18:00
         平成26年1月30日(木) 10:00~17:00
 (2)会  場 さいたまスーパーアリーナ


2 出展数 
  567企業・団体(小間数747)

3 入場料 
  無料

4 参 考
 (1)開催案内ホームページ   http://bizmatch.saitama-j.or.jp/
 (2)昨年の開催実績
   ・出展企業・団体数      556企業・団体(783小間)  
   ・来場者数                  16,487人
   ・商談件数(開催後3か月経過時点)            3,599件

●埼玉県ビジネス懇談会
1 開催日時・場所
  (1)開催日時 平成26年1月29日(水) 16:45~18:00
  (2)会  場 さいたまスーパーアリーナ 1階 展示ホール

2 参加予定者           180団体403名 
   企業等            124団体230名
   経済団体・支援機関等       31団体 68名
   金融機関              6団体 46名
   市町村              19団体 59名
 ※ 懇談会当日も参加の受付を行います。費用は無料です。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 県では、魅力ある地元企業を就職活動中の学生等へ広くPRするため、県内中小企業の製造・販売現場等を動画に撮影し、仕事に関する情報サイト「彩の国はたらく情報館」に掲載しています。
 このたび、県内3大学の大学生が撮影した企業の紹介動画を、本日から3ヶ月間毎週1企業新たに掲載し、若者の視点から県内中小企業の魅力を発信します。

●本施策の主な特徴
 ・4月からこれまでは専門家が撮影した動画を掲載してきましたが、新たにメディア 
  論などを専攻している大学生が撮影した動画を掲載します
 ・インターンシップ生へのインタビューから企業活動を紹介していくなど、大学ごとに
  趣向をこらしたユニークな構成となっています
 ・学生の視点から県内中小企業の魅力を発信することで、中小企業への若者の関
  心を高めます

●概要
1 掲載期間
  平成25年11月6日(水)~平成26年2月4日(火)
2 掲載企業数
  12企業(上記期間中、毎週1企業ずつ動画を追加し、トップページ上の掲載企業を
 入れ替えます。)
3 撮影協力大学
  早稲田大学、立教大学、東洋大学(以下の研究室所属の学生)
 ・早稲田大学 人間科学学術院 人間情報科学科 保崎則雄研究室
 ・立教大学 社会学部 メディア社会学科 砂川浩慶研究室
 ・東洋大学 HiTS「白山インターネットTVステーション」(社会学部メディアコミュニ
  ケーション学科)&東洋大学キャリアゼミ
4 今まで公開された動画一覧
  「彩の国はたらく情報館」のトップページ上のバナー「動画で紹介」をクリックする
 と、これまでに公開された企業の動画を見ることができます。
  (平成25年度掲載企業等21件:平成25年10月末現在)

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 県は地域に開かれ、地域に愛される工場づくりを進めるため、技術面や環境面に優れている県内の工場を「彩の国工場」として指定しています。
今年度は40工場を指定し、下記のとおり指定式を開催します。また、会場内に企業の製品等を展示し、指定式後に指定工場代表者と知事との交流会を行います。

●本施策の主な特徴
・「彩の国工場」は技術面や環境面に優れた工場です
 優れた技術や製品を有し、環境への配慮や工場見学の実施、女性が働きやすい工場づくりを進めるなど、他の模範となる県内の工場を指定しています。

・今回で20回目の指定となります
 当事業は、平成6年度から開始した歴史ある制度です。20回目となる今回で彩の国工場は合計515工場となります。指定工場には、県民と工場をつなぐような大切な役割を担っていただいております。

●指定式・交流会の概要
 日 時  平成25年11月7日(木)14:30~16:00
 場 所  知事公館大会議室(さいたま市浦和区常盤4-11-8)
 次 第  指定式 14:30~15:00
      交流会 15:00~16:00
 来 賓  (一社)埼玉県商工会議所連合会、埼玉県商工会連合会、
      (公財)埼玉りそな産業経済振興財団、彩の国工場振興協議会
 県出席者 知事

●「彩の国工場」指定の要件
 以下の要件に二つ以上該当し、他の模範となるような県内の工場を指定しています。
 (1)作業環境の快適化や従業員の福利厚生の充実に努めている工場
 (2)工場外観の美化や植栽などに努め、周囲の環境に配慮した工場
 (3)公害防止に積極的に取り組んでいる工場
 (4)工場施設の開放などを通して社会貢献を行っている工場
 (5)工場見学の受け入れ等により、ものづくりに関する啓発を行っている工場
 (6)技術や生産品が県を代表し、彩の国のイメージアップに貢献している工場
 (7)中高年齢者の雇用の拡大など、地域の雇用機会創出に貢献している工場
 (8)「多様な働き方実践企業」の認定を受けるなど、女性がいきいきと働ける職場環
   境づくりや子育て支援への取組が積極的である工場
 (9)中小企業新事業活動促進法(旧経営革新支援法)に基づく経営革新計画を承
   認されている企業の工場

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 「彩の国はたらく情報館」では、10月から「若者向けコラム『はたらくこと』って?」を新たに開設しました。
 就職を控えた学生や若い求職者の方にとっては、企業の人事担当者はどのような視点から採用する人材を選ぶのか気になるところだと思います。
 また、在学中の学生の方には、企業経営者から、どのような職業を選んだらよいのか、仕事を通してどのような人生を歩むのが自分にとって幸せなのかといった「人生の道しるべ」となる情報が、役立つ情報となるのではないでしょうか?
 一方で、もっと身近な自分と同世代の先輩社会人から、仕事について、働くことについて意見を聞いてみたいといった希望もあるかと思います。
 そこで、新コーナーでは、これから社会にでる若者に向けて、企業経営者、企業の人事担当者、採用後5年以内の先輩社会人等から、以下のようなメッセージを発信していきます。
 なお、本コーナーでは、掲載コラムについて、皆様からのおたよりも募集しています。お寄せいただいたおたよりは、コラムやホームページ制作の参考にさせていただくほか、本コラムで紹介させていただく場合がありますので、ご意見・ご感想をどしどしお寄せください。

【掲載内容(例)】

1 先輩社会人等から
 ○ どうして今の会社・仕事を選んだか
 ○ どのような就職活動をしたか(成功した点、失敗した点)
 ○ 学生時代にやっておいた方がよかったこと(逆に就職してみて学生時代にやって 
  おけばよかったこと)

2 企業の人事担当者から
 ○ 我が社で求める人材とは
 ○ 不採用になる人物の特性
 ○ 採用の決定ポイントになる事項

3 企業経営者から
 ○ 創業したきっかけ
 ○ 現代の若者に身につけて欲しい能力
 ○ これからの若者が迎える時代とは
 ○ 中小企業の魅力について

 10月は企業経営者(株式会社ひびき 代表取締役社長 日疋好春氏)から、若者に向けたメッセージを発信します。 

 本コラムは、こちらをご覧ください。

 中小企業庁では、地域における中小企業・小規模事業者の将来を担う人材の確保・定着・育成を支援するため、以下の人材対策事業を行っています。

1 新卒者就職応援プロジェクト

 新卒者等に対し、中小企業・小規模事業者の事業現場で働く上で必要な技能・技術・ノウハウを習得する機会を提供するため、中小企業・小規模事業者で実施する職場実習(いわゆるインターンシップ)を支援しています。
 コーディネート機関が事前カウンセリングから実習終了までをきめ細かく支援するとともに、実習生に対しては日額最大7,000円の技能習得支援助成金を支給します。
職場実習受入を希望される中小企業・小規模事業者及び職場実習参加を希望される方は、コーディネート機関にお問い合わせください。

2 中小企業新戦力発掘プロジェクト

 育児等で一度退職し、再就職を希望する女性等(新戦力)に対し、職場経験のブランクを埋める機会を提供するため、中小企業・小規模事業者で実施する職場実習(いわゆるインターンシップ)を支援します。
 コーディネート機関が事前カウンセリングから実習終了までをきめ細かく支援するとともに、実習生に対しては日額最大7,000円の技能習得支援助成金を支給します。
 職場実習受入を希望される中小企業・小規模事業者及び職場実習参加を希望される方は、コーディネート機関にお問い合わせください。

3 地域中小企業の人材確保・定着支援事業

 地域の中小企業・小規模事業者が一体となって大学、ハローワーク等と連携し、大学等との顔の見える関係作りから中小企業・小規模事業者と大学生等とのマッチング、人材育成・定着までを一貫して支援します。
 以下の3ステップを総合的に実施します。

ステップ1:経営者による出前講座等、事業者と学生のお互いの顔が見える関係作り
ステップ2:合同就職説明会等による事業者と学生のマッチング
ステップ3:地域全体での若手従業員の人材育成、定着支援

 コーディネート機関など、詳しくはこちらをご覧ください。 

 「彩の国はたらく情報館」では、若者を中心に利用者が増えているソーシャルメディア(フェイスブック、ツイッター)を活用した情報発信を7月から開始します。
 なお、本サイトでは魅力ある県内中小企業を就職活動中の学生へ広くPRするため、同企業の製造・販売現場やインターンシップ実習場面などを動画に撮影し、トップページに掲載しています。平成25年度は年間50企業等の動画を掲載する予定です。
 これらにより、若者向けの情報発信力を強化し、雇用のミスマッチを解消することで、就職率の向上を目指します。

【ソーシャルメディアの概要】
1 運用開始日  平成25年7月1日(月)
2 アクセス先URL
  (フェイスブック) https://www.facebook.com/sai.hataraku
  (ツィッタ―)    https://twitter.com/sai_hataraku

3 内容
 ・県内各研修実施機関の職業訓練・研修、セミナー等の情報
 ・国や県の産業人材育成施策の最新情報
 ・県内の人材育成に関するイベント情報         など

【動画掲載の概要】
1 内容
 埼玉県内には多くの魅力ある中小企業がありますが、PRの機会の不足等により、就職活動中の学生がこうした企業を知らないため、大企業志向につながっている一要因となっています。
 このような雇用のミスマッチを解消するため、県では、「彩の国はたらく情報館」及び地元企業の魅力を発信するサイト「埼玉県内企業魅力紹介システム」を運営し、県内企業の魅力を発信しています。
 両サイトのトップページには、県内中小企業の製造・販売現場やインターンシップ実習場面等を撮影し、その動画を掲載することで、より分かりやすく県内企業の魅力を発信しています。就職活動中の学生の視点から、中小企業の魅力をクローズアップするため、一部の動画はメディア論などを専攻されている大学生が撮影しています。
 動画掲載は平成24年10月から開始し、平成24年度は4企業等の動画を掲載しました。平成25年度は動画掲載数を増やし、年間50企業等の動画を掲載していく予定です。
 先着順で、自社の動画掲載を希望される企業の募集も行っていますので、お早めにお申し込みください。費用は1万円です。

2 動画掲載に関する申込方法
   WEB掲載の所定の申込書を、FAXかE-mailで県産業人材育成課へ
   詳しくは、こちらをご覧ください。

 県では、魅力ある地元企業を就職活動中の学生等へ広くPRするため、県内中小企業の製造・販売現場やインターンシップ実習場面等を動画に撮影し、「彩の国はたらく情報館」などの県公式サイトに掲載しています。
 今回は、これらのサイトに自社の動画を掲載する企業を募集します。
  両サイト合計のアクセス件数は、月平均45,000件です。
 この機会に、県公式サイト上で会社の魅力をPRされたい企業の方々の積極的な応募をお待ちしています。44社先着順です。
 なお、就職活動中の学生に近い視点から、企業の魅力を撮影いただける20~30歳台の若手クリエイター(撮影者)の募集もあわせて行います。

1 概  要
(1)内  容
 埼玉県内には多くの魅力ある中小企業がありますが、PRの機会の不足等により、
就職活動中の学生がこうした企業を知らないため、大企業志向につながっている一要因となっています。
 このため、県では、インターネットを通じて様々な人材育成情報を提供するポータルサイト「彩の国はたらく情報館」及び地元企業の魅力を発信するサイト「埼玉県内企業魅力紹介システム」を運営し、県内企業の魅力を発信しています。
 両サイトのトップページには、県内中小企業の製造・販売現場やインターンシップ実習場面等を動画に撮影し、掲載しています。
 今回は、これらのサイトに自社の動画を掲載する企業を、先着順に44社募集します。

(2)対 象 者
 県内中小企業で「埼玉県内企業魅力紹介システム」に登録している企業
 (未登録の企業においては、応募時に登録することができます)

2 募集期間等
  募集期間:平成25年3月29日(金)~ 
  定  員:44社(先着順、定員になりしだい締め切ります)
  費  用:1万円/社
  応募方法:WEB掲載(以下URL)の所定の申込書を、FAXかE-mailで県産業人材
         育成課へ
            (http://www.pref.saitama.lg.jp/page/hataraku-dougakigyou-bosyu.html
       (FAX:048-830-4853、E-mail:a4590-01@pref.saitama.lg.jp)
   掲載期間:1社あたり、平成25年5月~平成26年4月の間の約1週間
       ※撮影は平成25年4月~平成26年3月の間に行います。       
   撮 影 者:県が委嘱した撮影者(プロ又は連携大学の学生)
       ※プロは地元ケーブルテレビ局などを退職された方など、フリーカメラマン
          や若手クリエイター等が撮影します。
                   また、あわせて就職活動中の学生の視点から、中小企業の魅力をクロ   
         ーズアップするため、メディア論などを専攻されている大学生等が撮影
                   を行います。(協力大学:早稲田大学、東洋大学、立教大学)

3 若手クリエーター(撮影者)の募集
  動画掲載企業の募集にあわせて、就職活動中の学生に近い視点から、動画を撮 
 影できる20~30歳台の若手クリエーターの募集を行います。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 埼玉県立川口高等技術専門校では、ものづくりの魅力発信と技能者の育成を推進するため、以下のとおり「技能振興シンポジウム」を開催します。
 第1部では、『川口の地場産業を支える企業から学ぶ~木型・金型製作から世界のリーディングカンパニーへ~』と題して、平成19年に経済産業省から『元気なモノ作り中小企業300社』に選ばれた株式会社田口型範の代表取締役社長 田口 順(たぐち じゅん)氏に御講演をいただきます。
 また、県内企業の世界進出を技術開発の面から支援している埼玉県産業技術総合センターの牟田口 照恭(むたぐち てるやす)センター長からも、日頃のセンターの取組について御講演をいただきます。
 第2部では、田口氏と牟田口氏の両氏に、これからの企業が世界と競争しながら発展していくためのあるべき姿について、ディスカッションをしていただきます。
 参加費は無料、定員は200名で、川口市役所労政課で申し込みを受け付けております。

1 開催日時 平成25年1月18日(金)14:00~16:00
2 開催場所 川口高等技術専門校
3 主   催 川口市・埼玉県
4 内   容  
  第1部 講演 【講師】
          株式会社田口型範 代表取締役社長 田口順 氏
          埼玉県産業技術総合センター長 牟田口照恭 氏
  第2部 ディスカッション
         【出演】
          株式会社田口型範 代表取締役社長 田口順 氏
          埼玉県産業技術総合センター長 牟田口照恭 氏

         【コーディネーター】
          川口高等技術専門校長 若山 保
5 参 加 費  無料
6 定  員  200人
7 申 込 先  川口市役所労政課(048-258-7921)1月17日(木)まで

 詳しくは、こちらをご覧ください。

このページの上部へ