川越市の公園散歩

  • 更新日:

川越市は公園の多い市です。

伊佐沼公園、川越運動公園、川越公園、安比奈公園、御伊勢塚公園、小畔水鳥の郷公園などあります。

 

そのほか散歩やスポーツをするだけなら入間川沿いに入間大橋緑地とか寺山緑地とか雁見緑地とか広い原っぱのような公園があります。

  

 

伊佐沼公園は伊佐沼という沼のほとりにつくられた公園で、公園内や沼の周りに桜の木がたくさん植えられていて桜の名所になっています。

 

 

 

公園内は野外ステージがある広場と子供たちが水遊びする小さな池や小川と冒険の森というフィールドアスレチックから成っています。

 

 

 

毎月第一日曜日にはフリーマーケットも行われており、このフリマのファンも多いようです。

 

 

伊佐沼は花火大会の会場にもなっていて、7月に安比奈親水公園と一年交代で小江戸川越花火大会が行われています。

 

 

 

ここのフィールドアスレチックは川越城をイメージして作られていて、お城の形をした大きなもので小学生高学年向けと言えるでしょう。

 

この公園に咲く花は4月上旬のサクラの花、4月下旬のつつじの花、5月上旬の山吹の花などありますが、伊佐沼には古代蓮が植えられており6月下旬から7月上旬にかけては蓮の花を見ることができます。

 

 

またこの公園の隣に農業ふれあいセンターというところがあり、ここの150ヘクタールの畑ではレンゲの花を栽培していますので、4月中旬から6月上旬にかけては赤いレンゲの花を楽しむこともできます。

 

 

 

駐車場は60台分ありますが、公園の隣の卸売団地側道路は路上駐車可能となっていますのでここへ車を止める人が多くいます。

 

伊佐沼は釣りができる沼のため釣り目的でやって来る人も多く、この人たちは池の周りに路上駐車している人がほとんどのようです。

 

http://blog.ecity.ne.jp/takatoi/blog/detail/12756.html

 

 

 

 

 

 

 

 

川越運動公園は本格的な陸上競技場(日本陸上競技連盟2種公認)をもち、総合体育館、テニスコート、自由広場、児童用複合遊具がある公園で平成12年にオープンしました。 

 

 

 

ここの自由広場の芝生は手入れが行き届いていてとてもよい芝生で歩いていて気持ちがいいです。

 

 

 

散歩は運動施設の周りを歩いていきますが、適当に緑もありますので子犬の散歩にはなると思います。

 

 

 

公園の中には調節池のようなところが二つあり、いずれも水は入ってなく芝生が植えられていますので、誰もいない時などはコタロウのリードを外して走り回らせることができます。 

 

 

 

公園から2〜3分歩いた先にはドッグランがつくられていて、この公園に出かけた時は必ず寄るようにしています。

 

大きな競技場を備えた公園ですのでそれなりに駐車場もたくさんあり、相当数の車が止められますが土日になるとメインの駐車場は満車状態になってしまうのが普通のようです。

 

http://blog.ecity.ne.jp/takatoi/blog/detail/14148.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川越公園は普通、川越水上公園と呼ばれていて立派なプールを何種類も備えた公園です。

 

 

 

でもプールが使えるのは夏場だけですので、ほかの季節のためには流れるプールや波のプールを大きな釣堀として使いますので多くの釣りファンも集めています。

  

 

 

この公園ではそのほかテニススクール、サッカースクールを充実させいます。

 

 

 

公園内にあるボート池は4月上旬から11月上旬までボートに乗ることもでき、プールや釣り目的以外の人でも楽しめるようになっています。

 

  

でも子どもの遊具はほとんどなくこの公園の規模にしてはさびしい形で隅のほうに設置されています。

 

 

 

プールや池の周りを歩くようにできていますので、散歩目的で訪れる人も多いものと思います。散歩道は桜並木です。

 

 

 

そのほか毎週土日には広い駐車場を利用してフリーマーケットが行われています。

 

 

公園内は結構広いのですが、公園の脇を流れている入間川の土手に出ることができますので、こちらにも出かければ散歩量は十分なものになると思います。

  

http://blog.ecity.ne.jp/takatoi/blog/detail/9276.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安比奈親水公園は入間川の川辺につくられた公園で、この川沿いにはこのほか入間大橋緑地、寺山緑地、雁見緑地、上戸緑地、平塚緑地など運動場として使える緑地がたくさんありその中で一番きれいで大きな緑地が安比奈親水公園です。

 

ここにはテニスコート、陸上競技兼サッカー場、野球場、ソフトボール場など運動場のエリアと野草園、自然観察池などのエリアがあります。

 

 

子犬の散歩は全体をぐるりと歩き回りますが、特に手入れされたどこまでも続いていそうな長い芝生を歩いてくのは気持ちのいいものです。

 

 

 

野草園では春から夏にかけてはポピーや矢車草でいっぱいになり、夏から秋にかけてはコスモスやマリーゴールドがいっぱいになります。

 

 

 

公園から下の河原に降りることができ、ここでバーベキューを楽しんでいるグループもいるようです。

 

 

この公園で行われる行事としては、7月に一年ごとに伊佐沼公園と交代で行われる小江戸川越花火大会や毎年10月上旬に行われる安比奈親水公園まつりがあります。

 

安比奈親水公園まつりでは熱気球の試乗も体験できるそうです。

 

駐車場はあるようなないような感じでいたるところに止められそうで駐車で困ることはまずないと思います。

 

http://blog.ecity.ne.jp/takatoi/blog/detail/14300.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御伊勢塚公園は修景池を中心として芝生広場、フィールドアスレチック、テニスコート、ゲートボール場を備えた公園という感じですがそれほど広くはありません。 

 

 

 

この公園の横に小畔川という川が流れていて、その対岸に小畔水鳥の郷公園という公園がありますのでこの二つの公園を歩きますと結構な散歩になります。 

 

 

御伊勢塚公園の修景池にはたくさんの水鳥と大きなコイが泳いでいますが、そのなかでもバリケンという七面鳥のような鳥が人間のすぐそばまで寄ってきて逃げないのには驚かされます。

 

 

 

サクラの時期にはたくさんの花見客が押し寄せて大いに盛り上がります。

 

 

 

両方の公園に桜の木がたくさん植えられていますし小畔川の河原もブルーシートでいっぱいになります。

 

 

 

小畔水鳥の郷公園の方は調節池の周りの淵を公園にしたもので、池の中の野鳥の島に野鳥がやってくるので保護していこうというもののようです。

 

 

駐車場はどちらの公園も10数台程度しかとめられないので花見の時などは駐車に苦労します。

 

http://blog.ecity.ne.jp/takatoi/blog/detail/11564.html

 

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

About

このブログの説明を入れてください。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

運営している人のプロフィール入れてください。

サイト内検索

最近のピクチャ