2008年6月のエントリー 一覧

新座市の公園散歩

  • 更新日:

新座市の公園は新座市総合運動公園です。
この公園は陸上競技場と3,024人収容の野球場がある運動公園です。

 
 

 
そのほかの運動施設は多目的グラウンドがいくつかとゲートボール場、マレットゴルフ場があります。

 
 

 
マレットゴルフ場はパターゴルフのようなコースで、ゲートボールをしているようなものでした。

 

 
芝コース、クレーコース、林間コースなど変化を持たせたコースが作られていて、何組かのグループが競技を楽しんでいました。

 
 

 
コタロウはいつもの通り各グラウンドの周りを歩いて回りますが、運動施設の他に雑木林があったりして自然の雰囲気の散歩ができる公園です。

 

 
雑木林は次々整備されて公園施設に変えられていっているようで、切り開かれて菜の花畑が作られてきたりしています。

 


 
公園に植えられている桜の木はまだ若木でボリューム感はありません。

 


 
公園の横には野火止用水が流れていて、用水の脇に本田緑道という遊歩道があり桜の木が植えられています。

ここは花見の時期は花見客が訪れる場所でもあります。

 

 

駐車場は123台分の広さがあります。

 

 
 
この他新座市には栄緑道という花見の名所もあります。

 


そこは陸上自衛隊朝霞駐屯所の隣にある緑道で、長さはそれほどありませんが桜の木はたくさん植わっています。

 

 
この緑道と道路を隔てた反対側には、和光樹林公園まで続く新座緑道という遊歩道もありますのでここもコタロウの散歩道になります。

戸田市の公園散歩

  • 更新日:

戸田市の公園は彩湖・道満グリーンパークです。

 

 

この公園は荒川沿いの彩湖に面した公園で荒川彩湖公園と隣り合っています。

 

 

公園内にはテニスコート9面、ソフトボール場7面、野球場2面、サッカー場2面、陸上競技場1面などたくさんのグラウンドがあります。

 

 

コタロウの散歩としてはピクニック広場、遊戯広場、のびのび広場、中心広場、ふれあい広場、散策広場と思いっきり走り回るところがたくさんあります。

 

 

中央には観賞池があって釣りをしている人もたくさんいます。

 

 

観賞池の周りにはアヤメが植えられていたり花壇があったりしてきれいな花も眺めることができます。

 

 

ピクニック広場などには動物の形をした幼児の遊具がいくつも置かれています。

中心広場はピクニックの人たちでいっぱいです。

 

 

公園内には道満河岸釣り場があって、ヘラブナ、金魚などの釣りを楽しむことができます。

公園の隣にはヤクルト球場があって、ファームの皆さんが試合をしたり練習をしたりしています。

 

 

彩湖ではウィンドサーフィンの人たちもたくさん集まってきて湖にヨットの帆がたくさん見られます。

駐車場は5ヶ所あって全体で1,250台収容できます。

 


所沢市の公園散歩

  • 更新日:

所沢市の公園は所沢航空記念公園と滝の城址公園です。


所沢航空記念公園は、日本で最初につくられた飛行場を公園にしたものです。

 

 
この飛行場は明治44年につくられ、ここで最初に飛行に成功した人は徳川好敏陸軍大尉という人でこの年の4月に成功しているそうです。


これはライト兄弟が世界初の飛行に成功してから8年後のことです。


この飛行場でフランス製のアンリ・ファルマン機を参考にして国産の軍用機が作られ明治44年には初飛行にも成功しているそうです。

 

 
この飛行場はその後戦争を経験して、太平洋戦争敗戦後アメリカ軍のものとなりましたが昭和46年に米軍から返還され、昭和53年3月に所沢航空記念公園としてオープンしています。

  
広さは50.2ヘクタールある広い公園です。

公園の西側には公園通りという道路が走っていて、この通りと西武新宿線に挟まれた部分が運動施設(テニスコート12面、運動広場、少年スポーツ広場)のあるところになっています。

 

 
公園通りの東側が公園のメインになっていてたくさんの芝生広場、花壇、子供広場、池などがあるほか、野外ステージ、ドッグラン、航空発祥記念館、彩翔亭、市立図書館、本格的な野球場などがあります。

 

 
コタロウにとっては大好きな芝生広場がたくさんあり、ドッグランまであるのでうれしい公園です。

 

 
ドッグランはこんな感じです。

 

 
C−46が展示してある芝生広場です。

 

 
梅園で花見もしています。

 

 
桜の花もたくさんです。

 

 

紅葉する木も多く秋の季節もきれいです。

 

 
公園内のイチョウ並木も見事です。

 

 
小山になった芝生広場はコタロウの大好きなところです。

 

 
子供広場は子供たちでいっぱいです。

 

 
池に流れている小川は水遊びができます。

 

 
池には水鳥、カメ、魚がたくさんいます。

 
駐車場は一か所が有料になっていますが、そのほかの3か所は2時間まで無料で使え449台止められます。

 

 

 

 

 

 

 

 


滝の城址公園は関越自動車道、JR武蔵野線、柳瀬川の脇に接している公園で広さは7.8ヘクタールです。


この公園は滝の城というお城のあったところを公園にしたものですが、滝の城という名前は城内に滝のような流れの川があったために付けられたようで別名本郷城とも言われていたようです。

 

 

でも今はほとんど水が流れていません。

 

 
滝の城は戦国時代に落城してしまいましたが、本丸のあったところに城山神社が建てられて現在残っています。

 

 
この城は丘の中腹に作られた城で、現在はふもとの部分にテニスコート5面、野球場1面、相撲の土俵などが作られていて滝の下に池があり周囲が樹木の多い広場になっています。

 

 

 
城跡には土塁や空堀なども残っていて散策路が作られているのでコタロウの散歩にもよいところです。

 

 
桜の木や梅の木などもたくさん植えられているので花の時期にはきれいな花を眺めることができます。

 

 

池では釣りをしている人もいますが、なんとなくあまり釣れないように見えます。

 

 
駐車場は2ヶ所ありそれぞれ30台程度止められますが、入口にある駐車場はまだしも、裏口にある駐車場は関越道わきのクルマの行き違いができない細い道から入らなくてはならないのでほとんど利用者がないように見えます。

鶴ヶ島市の公園散歩

  • 更新日:

鶴ヶ島市にある公園は鶴ヶ島運動公園だけです。

 

 

この公園はもともとこの地にあった大田ヶ谷沼の周辺を整備してつくられたもので平成15年4月にオープンしました。

 

大田ヶ谷沼というのは、地下から水が湧き出していたところを農地の灌漑用として水をためて沼にしていたところです。

 

 

埼玉国体が行われたとき、ここをソフトボールの試合会場とするため整備して公園にしたようです。

そのためソフトボールのメイングラウンドは観客席のある立派なものです。

 

そのほかにサブグラウンドと野球などができる多目的広場とサッカーができる多目的広場がある運動公園で、全体として9.1ヘクタールの広さがあります。

 

 

 

グラウンドの他に大田ヶ谷沼、自然観察の森、桜の広場、親水広場があります。

 

 

公園全体は気持ち良く散歩できるように作られています。

 

 

大田ヶ谷沼は釣堀にもなっているようで、いつもたくさんの人が釣り糸を垂らしています。

 

 

 

自然観察の森は樹木がたくさん植えられているところですが、造られてから年数が余り経っていないので低木ばかりです。
数年後にはきっと森らしくなるのでしょう。

 

 

桜の広場はあまり広場らしくはありません。

 

 

親水の広場は小さな子供たちが安心して水遊びできる浅い池で、少しばかりの幼児用の遊具も設置されていました。

 

 

駐車場は立派なもので140台止められますが、この公園は周りに目印となるようなものがなく畑の中にできている公園なので行きにくいかもしれません。

 

秩父市の公園散歩

  • 更新日:

秩父市には秩父ミューズパーク、美の山公園、羊山公園があります。

一番大きな公園は秩父ミューズパークで190.9ヘクタールもあるとても大きな公園です。

 

 

南北に細長くつながった公園で、中心に広々したスカイロードという名の遊歩道がとおっています。

広い公園なので駐車場が16か所もあり全体で800台の駐車ができます。

広いので車をとめるときは目的の施設のそばの駐車場にとめないとそこへいくまでに大変な思いをすることになります。

第一駐車場は公園の南口にあり、ここにはテニスコート7面があって、ここの南口スタート広場はサイクリングロードとスカイロードの出発点となっています。

 

 

第三駐車場は流れるプール、波のプール入口がある駐車場です。

 

 

また56面もあるテニスコートのそばにある駐車場でもあります。

 

 

第4駐車場は100棟もあるコテージや屋内プール、ゴーカート場へいくのに便利です。

 

 

第6駐車場のそばにはギリシャ神殿を思わせるパルテノンと名付けられた休憩所とがあります。

 

 

この公園はギリシャ神話の女神ミューズから名前をつけた公園で、ギリシャ風の噴水とかステンドハウスとかがあります。

 

 

公園の中央位置に大きな野外ステージ、音楽堂などがあります。

 

 

第10駐車場からは薬用植物園、芝生広場などが近くです。

 

 

第12駐車場は展望すべり台、ちびっこ広場に行けます。

第13駐車場は四季の百花園に行くときの駐車場です。

 

 
道路の反対側には散策路が張り巡らされていて、パノラマの丘、ネイチャービレッジ、シャクナゲ園、大庭園、拠点広場、斜面広場、せせらぎ広場などがあります。

 

 

そのほかにもこもれび広場・展望台、武甲見広場、梅園、渓流広場、トンボ池、紅葉谷湖ととても回りきれません。
とにかく広い公園です。

 

 

 

 

 

 

美の山公園は蓑山の山頂にある41ヘクタールの広さの公園です。

花見のできる公園として有名で、広い公園内には桜の木が8,000本、あじさいが3,500株、つつじが3,500株植えられています。

 

 

山頂の近くに駐車場があるので車を降りて階段と坂道を少し登ると山頂に着いてしまいます。

 

 

山頂にはインフォメーションセンター、小さな展望台、売店などがあります。

 

 

そのほかは時計台、記念塔のようなものがあるくらいです。

 

 

山頂からは下に降りて山の中を散策できる遊歩道ができています。

 

 

遊歩道の先はツツジ園地、アジサイ園地、芝生広場、中央広場などへつながっています。

 

 

その先は見晴らし園地方向へ進んだり、小鳥のさえずる森方向へ進んだりできます。

 

 

この公園の桜はソメイヨシノだけではなく八重桜や他の種類の桜も多く、他の桜の名所の花見の時期より少し遅れた時期に花見を楽しむことができます。

 

 

駐車場は3ヶ所で全体で120台の駐車ができます。

 

 

 

  

 

 

 

 

羊山公園は40万株の芝桜で有名な公園です。

 

 

この公園の芝桜の見事さは多くの人が知っていてシーズンにはたくさんの人が訪れます。

 

 

羊山公園は芝桜の他にも桜の木が800本植えられていていますので花見の名所でもあります。

 

 

芝桜の見頃は4月上旬から5月上旬ですのでうまくいくと芝桜とサクラの両方の花見ができるかもしれません。

 

 

芝桜の丘のきれいさは誰もが満足すると思います。

 

 

芝桜の丘の上にはふれあい牧場があってこの公園の名前の由来となっている羊が飼われています。

 

 

芝桜の丘のふもとには菖蒲園もあって20,000株の花菖蒲が植えられています。

 

 
芝生広場ではコタロウが走り回ることができます。

 

 

そのほかにはわんぱく広場に子供の遊具やアスレチック遊具があったりします。

公園の入り口側には道路の左側に姿の池があり、多目的グラウンドやテニスコートなどがあります。

 

 

右側は山になっていて登っていくと慰霊塔が立っている場所にたどりつきます。

 

 

ここには棟方志功の作品などを展示してあるやまとーみゅーじあむという美術館と武甲山資料館があります。

 

 

ここからは秩父の町が見下ろせて遠くの景色をを眺めることができます。
公園の駐車場は9か所くらいあって全体で300台くらいの駐車が可能です。


草加市の公園散歩

  • 更新日:

草加市の公園はそうか公園だけですが、ここはとても良い公園です。

 

 
この公園は昭和63年にオープンした公園で、広さは17ヘクタールあります。

 
 

 
入り口の右側には運動施設があってテニスコート10面と野球場が4面とれる広い多目的運動広場があります。

 
 

 
左側が公園施設になっていて雑木林、修景池、芝生広場などがあります。

 
 

 
入口からすぐのところは四季の森(春)と名付けられたゾーンで樹木の中の散策路を歩くようになっています。

 

 
手前の方にイベント広場というところがあって屋外ステージがあります。

 
 

 
少し進むと噴水のある修景池に出ます。

  
修景池の右側が芝生広場で、のびのびピクニックできるゾーンです。

 
 

 
修景池には花菖蒲が何か所にも植えられています。
 
その対岸はずっと修景池にそって雑木林の散策路になっています。
 
ここには桜の木もたくさん植えられているので、もちろん花見の名所になっています。

 

 
修景池のはずれの方には遊具広場があって、いつも子供たちがたくさん遊んでいます。

 

 
傍らの池には蓮の花が植えられています。
 
修景池のはずれは岩場になっていて岩場の間を水が流れています。
 
この辺の木々はさらにうっそうとしていて四季の森(秋)と名付けられたゾーンのなっています。

 
 

 
散策路をさらに進むと市民の森というゾーンになり、バーベキューができるキャンプ場になっています。
 
その先は記念樹の森というゾーンで多目的運動広場の裏側にあたります。

 
 

 
散策路は全体に樹木が植えられていていますし、少し斜面になっている広い芝生広場があるのでコタロウは喜んで散歩します。

 
 

 
修景池のほとりにはカリフォルニア州カーソン市から友好記念として贈られたという、石油を掘るオイルポンプがたてられています。
 
駐車場は入り口の両側にあって、それぞれ100台ずつくらい止められます。

 

このページの上部へ

About

このブログの説明を入れてください。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

運営している人のプロフィール入れてください。

サイト内検索

最近のピクチャ