介護人の主人が白内障になる

  • 更新日:

年末が近づき今日はクリスマスイブ、町は賑わっているようですが、私は白内障になりもはや夜道を歩くのにも、車のライトで眩しくなり危険になっている。

sirakawagou.jpg
 新年早々から、手術の為に検査や担当医による説明、注意事項や手術を受ける為の同意書用意(連帯保証人)を含め提出書類造り、その書類を病院に提出と手術前の最後の診察を1月後半に受け、2月中旬に手術を迎えようとしています。
 後僅かで新しい年を迎えるが、私の(介護人である主人)この先病院通いの日々で暫くはドライブも出来ず、ブログも休みにしなくてはなりません。
 3月位から視力が戻れば、またブログの旅を再開しようと考えております、それまで「障害者の旅」もお休みにさせて戴きますので、又このブログでお会い出来るのを楽しみにしています。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このブログについて

このブログは、1988年に妻が変形性股関節症の手術を初めて受けた時から、本人が病床日記を記録していたものを、この病気で苦しんでいる人が数多くいます、その為「下肢障害を乗り越えて」と云う本を出版したことから始まっています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • DSCN0262.JPG
  • DSCN0248.JPG
  • DSCN0243.JPG
  • 1491198140062.jpg
  • 白梅 - コピー.jpg
  • PAP_0016.JPG
  • DSCN0229.JPG
  • DSCN0205.JPG